話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜

ぴえろ

竜からの逃走

あれから何処に逃げているのかも分からず、ただひたすら竜から逃げることだけを考えた。隠れる場所の多い岩場に逃げ込み、今は谷の岩壁の割れ目の奥に空間があったのでそこに隠れている。
幸運なことに、そこには湧き水があったので飲水には困らなかった。しかし、問題は食料だ。3日は大丈夫だとしても、確実に食料を見つけないと竜に食われる前に餓死してしまう。

「EXスキルで食料を作ろうとしたけど、やっぱり材料がいるな・・・」

やはり、創造と破壊は重さだけではなく、材料も必要なようだ。

「とりあえず逃げ切れたみたいだけど、どうするか・・・
食料がないと近いうちに餓死してしまうからなぁ」

そんな事を考えていると、

「「GRYAAAAAAA!!!!!!!!」」

「見つかったかのか?!嘘だろ?!」

慌てて奥の壁に張り付いて、入口からは見えないようにしたが、どうやら匂いで分かるらしい。完全に見つかっている。

「クソ!こんな狭いところじゃ岩壁が削られて俺が食われるのも時間の問題だぞ!」

何か逃げる手立てはないかと必死に考えている間にも竜はどんどんと岩壁を削っている。

「もうダメだ・・・
俺の人生もここまでか」

そう諦めて、岩壁に背を預けてもたれかかった。
あと少しで竜の爪が俺に届くという時に、
俺のもたれかかっている岩壁がぐらりと揺れた気がした。
次の瞬間、

ドゴンッ、と低くそして、鈍い音がした。
それと同時に目の前まで迫ってきていた竜の前脚がだらんと地面に落ちた。

「えっ?は?
何が起こった?」

さっきまで死を覚悟していたのに、突然ありえない現象が起きたので流石に驚き、竜の前脚を飛び越え、外に出た。
するとそこには大岩に押し潰されて、瀕死の状態の竜がいた。

「えっ?どうしたらこうなる?!」

当たりをくまなく見ているとなぜこうなったか分かった。
今まで俺が隠れていた岩壁に亀裂が入っていて、その亀裂をたどり、上の方に視線を上げると頂上付近がポッカリと無くなっていた。
多分だが、竜が俺を掘りだそうとして岩壁を削っていたら亀裂が入り、頂上付近が崩れ落ちてきて竜を押し潰したのだろう。

「た、助かった。さすがに今回は死んだかと思った。俺は運が強いのか?」

そう言ったとたん、目の前の竜がピクリと動いた。

「嘘だろ?!この大きさの岩だぞ?!なんで即死じゃないんだ?!頑丈すぎるだろ、こいつら!
・・・これは、殺した方がいいのか?
レベルという概念がある以上、この竜を殺せば大量の経験値が手に入るのは分かる。なにせ、この谷はこの世界の中で最も危険な場所らしいからな。
仕方ない、この竜には申し訳ないが俺が生き残るために死んでもらうか」

そう言うと俺は攻略戦開始前にEXスキルで作ったナイフを竜の頭の鱗の隙間から思い切り差し込んだ。
頭蓋骨に当たった感触はあったが、思い切り力を入れると奥へ刺さった感触がした。
すると竜は1度大きく痙攣した後、動かなくなった。

「 異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く