話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜

ぴえろ

竜の谷攻略戦3

「「全軍前進!」」

その掛け声とともに沢山の兵士や軍馬、そして俺達奴隷が竜の谷に向かって進み始めた。しばらく進むととてつもなく大きい岩が見えてきた。そこで1度軍隊が停止、装備の最終確認を始めた。
元々点検を怠っていた訳では無いので直ぐに確認し終わり、進軍が開始された。

「上空に若竜を発見!至急迎撃態勢に移行する!」

その若竜が空から俺達の目の前の道に降り立った。

「前衛は槍衾をつくれ!絶対に後ろに行かせるなよ!
魔術師は魔法を片っ端からぶち込め!」

そう言ったのは若竜の1番近くにいた軍隊の指揮官らしい人だった。
そして、訓練された動きで槍衾がつくられ、隊列が整った。

「放て!」

そう叫ぶと、火や氷、雷などの魔法が無数に若竜に向かって飛んでいき、その少し後に大量の矢が飛んで行った。
矢はそれほど刺さっていなかったが、魔法は効いたようだ。

「「GRYAAAAAAA!!!!!」」

若竜が暴れ始めたが、魔法攻撃は止まなかった。そして、止まないと分かったのか若竜は一直線にこちらに向かって突っ込んできた。
槍衾がつくられていたが、勢いのついた巨体が突っ込んで来たので呆気なく半壊してしまう。
しかし、氷の魔法がたまたま脚と地面の間に当たり、動けなくなってしまう。その間に前衛は後退を始め、もう一度槍衾をつくりはじめた。

「ここは私に任してはくれないかね?」

突然そんな事を言い出した奴がいた。
ルーザーだ。一瞬あいつ何言ってるんだ?
となったが、すぐに理解した。

「あいつ、俺を使う気だ」

「私の奴隷に若竜の攻撃なら軽く受け止められる防御魔法を使える奴がいるのでね
君たちにはその間に攻撃してもらいたいのだよ
いいかね?」

「そんな者が居るとは思えませんが・・」

「いやいや、ジークベルトが認めていたからな」

「なるほど、ジークベルト様が認められたのでしたら試す価値はありますな」

どうやら俺が防御魔法を使うことが決まったらしい。というより、ジークって顔が広いな。それに信頼もあるみたいだしな。

「おい、ガキ!出ろ!この私が出してやると言っているのだ!感謝しろ!」

「ありがとうございます、ルーザー様」

「ふん、まあいい。これからお前にはあの若竜の攻撃を防御魔法で防ぎ続けてもらう。いいな?まさか出来ないとは言わないだろうな?」

「まさか、やらせて頂きます」

ここで逆らったら面倒だしな。大人しく言うことを聞いておこう。

「 異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く