話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜

ぴえろ

竜の谷攻略戦1

次の日の朝、ルーザーがやって来た。

「ジークベルト、このガキは使えるようになったか?」

「はい、ルーザー様
彼は若竜の攻撃程度であれば無傷で凌ぎきる程の強度の防御魔法を使えます。
また、彼の魔力量は一般的な魔道士の魔力量を遥かに上回っておりますので、魔力切れの心配はないかと」

「ふん、そうだといいがな
ジークベルトよ、1年間大儀であった。しばらくは自由にしても良いぞ」

「はっ、ありがとうございます」

「それでは行くとしよう
おい、そこのガキ、早く来い!」

「申し訳ありません」

ルーザーは物凄く豪華な馬車に乗り、俺は鉄の檻の中に入れられた。鉄の檻の中で揺られながら外を眺めていると後ろから沢山の騎士達が来るのが見えた。恐らくルーザーの軍隊だろう。それにしても竜の谷は一体どんな所なのだろうか?こんなにも沢山の軍隊が必要なほど攻略難易度が高いのだろうか?

それからどれほどの時が経っただろうか
途中から寝てしまってよく覚えていないが、目を覚ますと夜になっていた。しかも王都に着いていたようだ。恐らく明日には竜の谷の前まで行くのだろう。ふと足元を見ると冷えきったスープと硬そうなパンが置いてあった。それをもそもそと頬張りながらぼんやりと夜空を見上げてその日を過ごすことにした。

翌朝、俺達は竜の谷に向かっている。
王都で沢山の物資を買い込み、竜の谷に1番近い街では木材を大量に購入していた。
竜の谷の前に陣を敷くつもりなんだろう。

「それにしても暇だ」

そう、暇なのだ。防御魔法は覚えたし、魔力制御も出来る。でも檻の中からは1歩も出してもらえない。超がつくほど暇なのだ。何かないかとステータスボードを探していると大事な事を忘れていた事に気が付いた。

「創造と破壊1回も試したことがない・・
ヤバいな、練習しないと
どうせほかの軍隊も来るだろうしあと
1・2週間は待機だろうしな」

とりあえず自分が作りたいと思った物と同じぐらいの物を用意すれば作れるんだっけ?
それじゃあ手始めにこの檻の金属を使って首輪の鍵を作ってみるか
イメージとしては檻の金属を首輪の鍵に作り替える感じかな?とりあえずやってみるか

「創造と破壊を行使する」

そう言った途端、俺の目の前の檻の柵の1本が鉄の粒子になって消えていった
そして、俺の足元には鍵が1本転がっていた。

「すげぇ!これは使えるぞ!なら、念の為にナイフぐらいは作っておくか
待てよ?これ、毎回行使するって言わないといけないのか?よし、試してみよう」

創造と破壊を行使する

「おぉ!やっぱり!声に出さなくても使えるぞ!」

よし、あとは攻略開始日までゆっくりするとしよう


「 異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 茶々丸

    更新楽しみにしてます
    頑張ってください

    1
コメントを書く