話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜

ぴえろ

兵舎での訓練1

俺はルーザーという男に買われ、今はルーザーの屋敷の敷地内にある兵舎に移動するために馬車に乗せられている。

「お前は魔力が高い。なので、必死に防御魔法を覚えてもらうぞ?魔力が多い奴隷なんぞは防御するだけの盾でいいんだ。分かったな?」

「はい、承知しております。ルーザー様」

「ふん、なら良いが」

ルーザーが魔力の高い奴隷を盾にする理由が分かったような気がする。
これは俺の推測だが、ルーザーは魔力の高い奴隷に攻撃魔法を覚えられると困るらしい。
魔力の高い人間が攻撃魔法を自分に対して使ってくるのが怖いんだろうな。
そうならないように魔力の高い奴隷は防御魔法に専念させるのか。
正直、俺はルーザーを見くびっていたな。
意外と物事を考えながら行動しているな。

「ルーザー様、到着致しました。」

「うむ、ご苦労」

どうやら着いたようだ。
ここでようやく手錠と足枷を外される。
と、同時に兵舎の中から人が出てきた。おそらくこの兵舎の管理者か、隊長あたりの人だろうな。

「ルーザー様、この度は兵舎へどのようなご要件でしょうか?」

「うむ、今回は次の竜の谷攻略に参加させる壁役の訓練を頼みたい。よいな?」

「は!お任せ下さい!」

「では任せたぞ。おい、そこのガキ!次に会うのは攻略前日だが、もしその時お前が強くなっていなければその場で殺すからな?覚悟しておけよ?殺されたくなければ必死に防御魔法を練習するんだな」

「はい。わかりました。」

あのデブマジで殺してやろうか?
・・とと、危ない危ない。うっかり口に出しでもしたら殺されてたな
仕方ない、今は本気で防御魔法を覚えるか

「さて、お前には今から防御魔法を覚えてもらう。お前の魔力量なら並大抵の攻撃は全く効かないはずだ。訓練すればドラゴンの攻撃も受け止められるようになる。必死に訓練することだな。いいな?」

「分かっております。ご指導のほどお願い申し上げます。」

それから毎日防御魔法の訓練が行われた。
永遠と防御魔法を維持してそこに兵舎の人達が剣や魔法で攻撃を加えていくという極々一般的な訓練方法だった。
しかし、俺の場合はそうもいかない。剣や魔法での攻撃にも限度がある。俺の防御魔法は傷1つ付いていないのに対し、兵舎の人達は魔力切れや剣の刃こぼれでボロボロだった。

「やはり並大抵の攻撃は全く効かんな。仕方ない、魔物を使うか。」

今まで訓練していた広場から闘技場のような所へ連れていかれた。闘技場の中心で防御魔法を展開し終えると目の前の鉄の柵がガラガラと音を上げながら上がった。
すると、その奥からは狼やゴブリン、スライムなどの下級の魔物からオーガやダークナイトなどの中級の魔物達が出てきた。

「今からそいつらはお前に群がる。死にたくなければ意地でも防御魔法を展開し続けろよ?いいな?」

「ちょっ!まっ」

俺が叫ぶより早く狼が襲いかかってきた。
しかし、防御魔法を破れるはずもなく、空中で弾き飛ばされてしまった。その後ろからスライムやオーガなどがゆっくりとこちらに向かってきているのが見える。しかしやはり魔法は破れない。たが、確実に魔力切れが近づいてきている。そして、遂に魔力切れが訪れた。今まで目の前の魔法のせいで俺に近づけなかった魔物達が波の様に押し寄せてきた。そこで俺の意識は途絶えた。

「 異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く