話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

テンプレ幼なじみに俺は憧れを抱かない

九夜空猫

第4.5話 転校生(裏)


―――遅い。
進がSHR10分前になっても起きてこない。
これは、完全にまだ寝てるなぁ。

うん、仕方がない。私が起こしに行こう。
別に私が起こしたい訳じゃなくて、
進を待って私がSHRに遅れるのが嫌なだけなんだからね!
あ、そういえば、幼なじみが起こしに行くというイベントはよく見るのに、なぜか、今までやったこと無かったなぁと私は思った。
 
うん、ついでに、それっぽい起こし方で起こそ……。

私は彼の部屋のポストから鍵を取り出し、彼の部屋の鍵を開けた。
え?どうして、進の鍵の場所を知ってるのかって?
それは幼なじみだからよ。
幼なじみなら鍵の場所ぐらい知ってて当然よ。
―――当然よね?

ん、やっぱりまだ寝てた。
さてと、どんな起こし方にしようかなー。
あ、そうだ!
確か……、こうやって、
「はやく、起きなさーーーーい!」
私は助走をつけて、彼の寝ている布団に向かって、勢いよく飛び込んだ!

***

うぅ、ちょっと怒られた……。
さすがに、やりすぎたかな……。

進に嫌われていないといいなと私が思っていると進が来て、
「早く、行くぞ!」
と、声を掛けてくれた

もう、怒ってないみたいだ。
よかったぁ……。



学校に着き、
SHRが始まった。そして、転校生が来たことを知った。
そして、転校生が入った時私はとてもびっくりした。
なぜって、とっても、可愛かったからだ。
色々な美少女(二次元)を見てきた私でさえ、一瞬自分が夢を見ているんじゃないかと疑うレベルの可愛さ。

その時、ふと進のことが気になった。
進はあの娘のことどう思ったのだろうと。

進の方を見ると、
口を半開きにして、惚けていた。

なによ!その反応!
見とれてんじゃないわよ!
むむぅ……。
私が頬を膨らませていると、
いつの間にか、自己紹介は終わっていて、
そして、
彼女はこちら、正確に言うと私の隣の進の方へと向かってきて、

進に向かって、
「これから、よろしくね!」
と、女の私でさえ、キュンとするレベルに可愛い笑顔を向けられていた・・・・・・。
進の顔はこちらからよく見えなかったが、
たぶん、私と同じようにドキドキしていただろう。
悔しいーーーー!!

進は私の幼なじみなのにぃぃぃー!!


いいもん!
絶対に進はあなたなんかに渡さないからね!


こうして、亜梨須の誰と戦っているのか分からない、恋愛バトルは幕を切って降ろされたのであった……。







「テンプレ幼なじみに俺は憧れを抱かない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く