話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自称凡人な俺は勇者な友を影から見守る

マッキー

9話

夕食の時間から3時間後
俺は夕食を食べた後は、美波を置いてそのまま自分の部屋に戻っていた。

コンコン
「連君いる?入っていい?」

「おう。入っていいぞ。」

「分かった入るね。

なんだ、男子の部屋も女子とそんなに変わらないね。」

「そうなのか。ほら突っ立ってないで、椅子かベット好きな方に腰掛けていいぞ。」

「それなら蓮君の隣に座るね。」
そういいながら、美波は俺の隣に移動してベットに座った。

「美波の部屋も、こんな感じなのか?」

「うんそうだよ。・・・

蓮君ちょっといい?
私これからどうしたらいいか分からなくなってしまったよ。
お母さんにもお父さんにも会えないんだよね。
魔族の王が持ってる魔石って奴で帰れるって言っていたけど、生きられるかも分からなし、わ、わたし、私どうしたらいいの、ねぇ、蓮君。」

「大丈夫だよ美波。美波は死ない、いや死なせない。美波、お前は俺が守るから。安心しな、大丈夫だよ。」

「ほんと?ほんとに守ってくれる。一緒に居てくれる。」

「あぁ、絶対だ。


そうだな、さっき資料室で見つけたやつだけど。そのな、結婚儀式ってやつなんだけどさ、召喚者、つまり俺らしか出来ない儀式があるんだけどさ、そ、その、俺と結婚の儀式を、そのつまり、結婚してくれないか。」

「えっ?・・・け、結婚!!!
えっと、その、私でいいの?」

「美波が、いいんだ!美波以外じゃ嫌なんだ
だから、お願い俺と家族になってくれ。」

「は、はい。よろしくお願いします。これからよろしくね、蓮君。・・・
えっ、なんで涙なんか、ははなんでだろうね涙なんか、流して。ありがとうね、ほんとにありがとう。」




情報

登場人物
瀬戸内蓮
黒髪•男•身長175cm
現在のステータス
レベル1
体力300/300
魔力151/151
攻撃力70
防御力70
素早さ70
スキル
鑑定・・・レベル1
努力家・・・レベル1

一ノ瀬光
金髪•男•身長160cm
現在のステータス
レベル1
体力500/500
魔力200/200
攻撃力100
防御力100
素早さ100
スキル
勇者〈偽〉・・・レベル1
聖剣〈偽〉・・・レベル1

佐藤竜二
赤髪•男•身長180cm
現在のステータス
レベル1
体力700/700
魔力1/1
攻撃力130
防御力10
素早さ30
スキル
鬼化・・・レベル1
攻撃力アップ【強】

栄紀悟
黒髪•男•150cm
現在のステータス
レベル1
体力5/5
魔力5/5
攻撃力5
防御力5
素早さ5

「自称凡人な俺は勇者な友を影から見守る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く