俺の周りの女性は全員美少女なんだが必ず何か重大な欠点がある!

サクえもん

44話 俺はホモじゃない‼ え、 ホモは嘘つきはっきり分かんだね? じゃあホモです。 やっぱりホモじゃないか‼だと……? うるせぇぇぇぇぇぇ‼

「うう、 頭がくらくらします……」
 「あの……な、 何か欲しいものはありませんかクリスさん」
 「それじゃあ……水を一杯貰えますか?」
 「わかりました」

 葵は、 本当に気が利くいい子だなぁ……そしてこの優しさが何度も言うようだが千鶴にも欲しい……
 そうすれば千鶴は、本当に完璧な美少女になれるのに……

 「俊。 今何か失礼なこと考えたでしょう?」
 「ええい  千鶴の能力は化け物か 」
 「馬鹿なこと言ってないの」
 「痛い……」

 くっそ  何度も人の頭殴りやがって…… 
 そもそもなんでこいつは俺の思考を完璧に読めるんだよ 
 人間にそんな力はないはずだろう 
 それともまさか千鶴の言う通り本当に奴は、 愛の力だけで俺の思考を呼んでいるとでもいうのか…… 
 
 「それにしても本当にクリスの奴どうして急にのぼせたりなんかしたんだろうな」 
 「それは俊のせいだよ。 全く……男性に慣れていない女の子にいきなり抱き着くなんて最低だよ」
 「うっ……そう言われると返す言葉もございません……」
 「全く……これからはもっと注意してね。 そ、 それとクリスさん。 これお水……」
 「ありがとうございますアオイ様」
 「き、 気にしないでください! わ、 私が好きでやっていることなんですから!」
 「葵。 俺にも一杯水を……」
 「自分でやってください」
 「あれぇ? なんか俺の時だけ態度が冷たくないですか葵さん?」
 「私俊には遠慮しないで自分の言いたいことを言おうって決めたの」
 「そ、 そうですか……」
 
 う~ん。 俺に冷たいのはなんかちょっと違う気がするけどでもまあそれで葵のストレスがなくなるならいいか。 
 実際葵がこの濃ゆいメンツの中でやっていけるか心配していたしな。
 この調子なら多分大丈夫だろう。
 
 「な、 なんですかその顔は……」
 「別に~何でもないよ~」
 「何よ  俊のアホ  馬鹿  童貞 」
 「おい  今何て言った  今この場面で童貞は、 関係ないだろう  てか女の子がそんな言葉使っちゃいけません 」
 
 やっぱり女の子は、 綺麗な言葉だけを使って欲しいよね 
 まあ……現実ではまず絶対ありえないことは知ってるけどさ……
 女の下ネタって男よりエグイって聞くし……
 あれ? でもよくよく考えたらうちのメンツで下ネタ言う奴ルビー以外いなくね……?
 あ、 でも他のメンツもほとんど痴女だからダメか……
 
 「クリス様大丈夫でしょうか……」
 「全く! 俊と一緒にお風呂に入るなんてずる……ゴホン……なんて破廉恥な王女なのかしら!」
 「おい千鶴。 本音。 本音が漏れてるぞ」

 てか千鶴と一緒に風呂とか死んでも御免だ。
 なんでかって? そんなの俺が奴に襲われるからに決まってるじゃないか 
 え? 千鶴に対してお前の息子は、 反応しないのかだって? するわけないじゃん 
 だって千鶴だぜ? あの千鶴。 あいつに欲情できるなら豚にだってできる自信あるぞ。

 「えい」
 「あ、 あの千鶴さん……唐突に僕の頭に刺すの止めてもらってもいいですかね」
 「だって……俊が失礼なこと考えるから……」
 「だって事実だし……」
 「えい」
 
 もう一本追加入りまぁす  じゃない 
 
 「お、 お前……  いい加減に……」
 「ていや」

 あ、 また追加ですか……そうですか……てか頭に包丁が三本も刺さっているのにここまで冷静な思考できるって俺も成長したよなぁ……ははは……心なしかやつれたきもするけど……

 「俊さん泣いているんですか……?」
 「大丈夫? 私が慰めてあげようか? か、 体で……///」
 「泣いてねぇよ  男がこれしきの事で泣くか  てかそもそも誰のせいで俺がこうな……あ、 ごめんなさい……これ以上は本当に勘弁してください……死んでしまいます…… 」
 「じゃあ俊の初めて頂戴……?」
 「はぁ? ふざけるのも大概にしやがれ  何度も言っているが俺はお前に初めてをくれてやるくらいならあのバカ馬にくれてやったほうがましだ 」
 「……」
 
 あれ? いつもならここで包丁がぐさりと来るはずなのに……一向に来ないぞ?
 一体どういうことだ? てかそれが読めてる俺も中々千鶴の行動が読めてきたということか……
 何故だろう全く嬉しくない……
 
 「お、 おい千鶴……」
 「俊  今すぐベットに行きましょう 」
 「は!?」
 
 コ、コイツいきなりどうしたのいうのだ!? いや、 まあいきなりではないのだが……それでもここまで焦った千鶴を見るのは、 非常にレアだ。
 てかよく見ると千鶴以外の女性陣もどこか焦ったような目してない……? なんで……?

 「なあ……お前達一体何を焦……」
 「大丈夫よ俊。 私は例えあなたが男しか愛せないになったとしても一生愛してあげるから……」
 「は!? ちょっと待て俺がホモだと!? ふざけるんじゃない 」

 いつ、 どこで、 何時、 何分、 地球が何回転したとき俺は、 ホモ認定されたんだよ 
 まるで意味が分からんぞ 

 「違うの……?」
 「当たり前だ 」
 「ふぅ……よかった……」

 あ、 あのちょっと千鶴さん……そこまで本気で安心されたような表情されるとこちらとしてもかなり傷つくのですが……てか千鶴以外の皆も全員安堵してるやないかい 
 てか何? 俺そんなにホモっぽく見えるの……? 某動画サイトでよく出てくる野獣の先輩みたいな顔でもしてるの俺!?
  
 「なぁ……千鶴……」
 「何?」
 「なんでお前はさっき俺の事をホモだと思ったんだ……?
 「何でって……そんなのさっき俊がいってたじゃない。 私に初めて上げるくらいならあのユニコーンに初めてをあげるって……」
 「いやいや  おかしいだろう  なんでそれで俺がホモ認定されるんだよ 」
 「なんでも何も……あのユニコーンってオスなんでしょう……? だからてっきり私は……」
 「は!? ちょ、 おまふざけんなよ  その程度のことでお前は俺をホモだと勘違いしたのか 」
 「ごめんなさい。 だからそう怒らないで? かわりに私の胸好きなだけ揉ませてあげるから……ね?」
  「ね? じゃねぇ 」

 てかそもそも突っ込む部分がおかしいだろう  普通は、 獣と交わってもいいという所に疑問を持つところだろうが  なのになにナチュラルにそこは受け入れてるの? 何? 君たちは僕の事を獣姦大好きの変態野郎とでも思ってるの? そんなの……そんなのってあんまりだぁ……  

 「いやぁ……安心しましたよ。 もし俊さんが本当にホモだったら私どうしようかと……」
 「お前……後で殺す…… 」
 「はぅ……  俊さんが本気の殺意を持って私を見ています……  た、 堪りません…… 」
 「お前は一体どこに向かっているんだ……」
 
 なんか気のせいだろうか。 ハクがルビーの保護者にしか見えない。
 年で言えば絶対ルビーの方が上のはずなのに不思議~
 
 「ところで……先程からエルザがこの場にいないがどうかしたのか?」
 「へ!? あ……エ、 エルザちゃんなら寝室で寝てます……よ?」

 ラピスさん貴方も俺の事をホモだと心配していたのですか……
 それは本気でショック……でも僕はめげないよ……だってあなたの事本気で好きだから 
 そしていい男とは、 女の失態を気にしない物 
 だからラピスさん。 貴方の動揺気がつかなかった振りさせてもらいます  全力で 

 「へぇ  そうなんですか  にしてもあいつ今日は偉く速いですね  何かあったんですかね  ハッハハ 」
 「さ、 さぁ? あくまで私の推測になりますが最近ずっと馬車に乗っていただけですのでそれで疲れたのではないでしょうか」
 「まあ……あいつ見た目は子供だしな」
 「シュン様  可愛い見た目に騙されてはいけませんよ  なんたってあいつは凶悪な吸血……ゴフッ」
 「わぁ  クリス様 」

 あちゃ~クリスの奴思ったよりヤバい? てかいくら男に慣れていないからって俺みたいなやつが抱き着いた程度でそんなダメージ受ける? なんかへこむなぁ……
  
 「おい大丈夫か? お願いだからあまり無理するなよ?」
 「シュン様はお優しいですね」

 あら顔を朱色に染めちゃって……すっごく可愛い  
 でも手は出さないよ  だって俺は、 本物の紳士を目指しているからね 

 「ねぇルビー。 あの二人を見ているとなんだか無性にイライラするのだけれど気のせいかしら?」
 「奇遇ですね。 私もそんな気分なんですよ」
 「お前たちの気持ちもわかるが俊がクリスの事を気遣うのは仕方がないことだろう。 あいつにはクリスをあの状態にした負い目があるからな」
 「自分だけいい子ちゃんぶってるんじゃないわよ 」
 「私は別にいい子ちゃんぶっているわけではない 」
 「嘘はよくないですねハクさん」
 「お、 お前たちいい加減にしろ 」
 「何? 私とやろうっての?」
 「ふふふ、 千鶴さんに喧嘩を売るとは、 全く馬鹿な女ですねぇ」
 
 お前は一体何様なんだよ。 てかハクよ。 お前はもう少し忍耐を覚えような。
 いや、 まあそこの馬鹿二人をいつも止めてくれることには、 大変感謝しているんだけどさ……まあいいや。

 「ラピスさん。 俺ちょっとエルザ見てくるわ」
 「どうしてですか?」
 「いや、 最近血をあげてなかったから」

 あいつの血に飢えた状態は、 非常にめんどくさい。 
 だからこそ早めに手を打っておきたいのだ。

 「なるほど。 そういう理由でしたか」
 「そういうことですからクリスの面倒……少しの間お願いできますか?」
 「わかりました」
 「シュン様~」
 「あ~はいはい……クリスしばらく大人しくしていろよ」 
 「は~い……」
 
 なんかクリスの奴幼児退行してないか?
 まあそんな事よりも今はエルザだ。
 きっと今頃エルザは、 夢の世界だろうからな。
 ちょっと悪戯でもしてやろうかな~ケケケ……

「俺の周りの女性は全員美少女なんだが必ず何か重大な欠点がある!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く