俺の周りの女性は全員美少女なんだが必ず何か重大な欠点がある!

サクえもん

番外編 もしも俊があの時告白を断っておらず千鶴と付き合っていたら(クリスマス編)

 皆さんはクリスマスと聞いて何を思いつくだろうか?
 子供ならばサンタさんが来る日や家族と一緒に過ごし、 美味しい食べ物やケーキを食べる日と答える人がほとんどだろう。
 だがこれが高校生にもなると一変し、 “恋人”と過ごす日などと答える輩が現れる。
 俺はこれに断じて否と答えたい!
 そもそもクリスマスとは、 キリストの生誕を祝う日のことを指すはずなのだ!
 それなのにも関わらず公衆の面前でイチャイチャしやがって!
 なんてうらやま……ゲフンゲフン。 なんてけしからんことだ!
 話が大分長くなってしまった俺がここで言いたいことは一つだけである。
 それは……


 「この世のリア充全員死ねばいいのに!」
 「ちょっと俊。 いきなりどうしたの?」


 そう俺に問いかけてきたのは、 我が幼馴染の千鶴だ。


 「いや別に。 ただリア充なんて生き物この世から消えてしまえばいいと思っただけだよ」
 「全く。 そう言う俊だって私と付き合っているのだから世間一般の人間からしたらリア充じゃない」
 「それはそうなのだが……」


 千鶴の言う通り俺は千鶴と付き合っている。
 そのためリア充と言っても過言ではない。
 だが俺は別に千鶴のことが好きで付き合い始めたわけではない。
 それなのにも関わらず何故俺が千鶴と付き合っているかと言うとそれは俺の直感だ。
 もしあの場で千鶴からの告白を断っていたら、 とてつもない悲劇が俺を襲う予感がした。
 具体的に言うと千鶴に包丁で刺された後、 バラバラにされて殺されてしまうといったそんなことが起きるような予感がした。
 だから俺は千鶴と付き合うことにした。
 

 「そんな事よりも俊。 この場所とってもきれいね!」
 「そうだな。 カップルが沢山いるのはかなり癪に障るがな」


 俺達が今いる場所は、 俺達の住む町で毎年冬に行われるイルミネーションが有名な場所だ。
 何故俺がそんな場所にいるのかと言うと、 千鶴から誘われたからだ。
 俺はどの道クリスマスは暇だったので、 二つ返事で了承した。
 だが今考えるとこんなリア充の巣窟のような場所に来なければよかったと感じている。
 まあでもいいことも少しだけあった。
 それはここにいるカップルの男性が千鶴のあまりの美しさに見とれて自分の恋人をないがしろにしてしまい、 喧嘩に発展するといったケースが多発していたことだ。
 ふふふ……いい気味だ。 それにその程度で破局するようならば、 貴様らは所詮その程度ということだ。


 「ねぇ俊。 今ものすごく悪い顔してるけど一体何考えているの?」


 おっと顔にまででていたか。 自重せねばな。


 「別になんも考えてねぇよ。 そんな事よりもなんで千鶴はここに来たかったんだ?」
 「それはね。 私達って一応彼氏彼女の関係じゃない?」
 「そうだな」
 「それでね。 もし俊と付き合えたら一度こういった場所に来てみたかったのよ」
 「別に付き合ってなかった頃にきてもよかっただろ」
 「それじゃあダメなのよ!」
 「そんなもんなのか?」
 「そうなのよ! 全く本当に俊は女心がわかってないんだから!」
 「うるせぇ」
  

 俺は口を尖らせながらそう言ったのだが、 千鶴の奴はそんな事も気にせず、 俺の腕に抱き着いてきた。
 

 「いきなりどうしたんだよ」
 「別に。 ただ俊と一緒にいれて幸せだなって」
 「はぁ? 俺とお前が一緒にいるなんていつも当たり前にしてる事じゃないか」
 「そうね。 でもそんな当たり前のことが私にとってはとても大事なことなのよ。 ねぇ! それよりもあそこにあるベンチに座りましょうよ!」
 「わかった! わかったから腕を引っ張るな!」


 ヤバい! 俺の腕に千鶴の胸の感触が!
 俺はそんなことを考えていることを顔に出さないよう必死に抵抗しながらなんとかベンチに辿り着くことができた。


 「全くお前な……」
 「どうかしたの俊?」
 「別に何でもない!」
 「もしかして私の胸の感触に興奮してたの?」
 「ブフッ!」
 「ははは! 図星だったかしら?」
 

 こ、 こいつ!


 「お前の胸なんかに興奮するわけないだろ!」
 「そうなの? 俊なら私の体を好きにしてもいいのよ?」
 「あのな。 お前今日少しおかしくないか? どうかしたのか?」
 「俊の言う通り今日の私はどうかしているのかもね。 だって俊ったらいつまでたっても私のことを幼馴染としか見ていないじゃない」


 俺はそう言われた時一瞬硬直し、 首筋から冷汗を垂らした。


 「お前気づいてたのか?」
 「当たり前じゃない。 私俊の事なら何でもわかるんだから」
 

 なんでもは怖すぎだろ。


 「それでお前はそれを知っていても俺と付き合っていたいのか?」
 「そうよ」
 「俺がお前を一生幼馴染としてしか見れない可能性もあるんだぞ?」
 「その時はその時よ。 私には俊以外の人間と結ばれる気持ちは一切ないの。 だから覚悟しておきなさい! これから私は自分の持てる力のすべてを使って俊のことを落として見せるから! そしていつか絶対俊に私の事を好きって言わせてやるんだから!」


 千鶴は指で俺の事を指しながらそう言った。
 その時の千鶴の表情は凛としていて、  内心俺は少し見惚れてしまっていた。
 

 「ふははは! 俺を攻略できるもんならしてみるがいい! だが俺の攻略難易度は高いから覚悟するがいい!」
 「何言ってるのよ。 俊の攻略難易度なんてベリーイージーじゃない」
 「その根拠は?」
 「だって俊ってば相手が美少女なら基本誰でもいいんでしょう?」
 「当たり前だ!」
 「うわ~最低~」


 千鶴の奴は口ではそう言っているが、 顔は笑っていた。
 

 「さてと俺ちょっと自販機に行って、 暖かいコーヒーでも買ってくるわ」
 「それなら私も……」
 「お前はここで待ってろ。 それに一応俺はお前の彼氏なんだからこれぐらいさせろ」
 「わ、 わかったわ……」


 俺が自販機の前につくとそこには、 どこか困ったような表情をした俺と同い年くらいの女性がいた。
 

 「あのどうかしましたか?」
 「み、 道に迷ってしまいまして……」
 

 女性の顔は前髪で隠れていてよく見えなかったが、 美人なのは間違いないと俺は感じた。


 「それなら俺が案内しますよ。 それでどこに行きたいんですか?」
 「え、 えっとここなんですけど……」
 

 女性が指さしたのは、 この町に最近できた美味しいと評判のレストランだった。
 幸いその場所なら俺も知っていたのでよかった。


 「その場所なら俺知っているので案内しますよ」
 「あ、 ありがとうございます……」
 

 女性はそう言いながら何度も俺に頭を下げてきた。


 「さてそれじゃあ行きま……」
 「俊? 何やっているのかしら?」


 そう言ったのは般若の様な表情をした千鶴だった。


 「落ち着け千鶴! この女性は道に迷って困っていただけの女性だ!」
 「その言葉は本当?」
 「本当本当! そうだよね君!」
 「は、 はい……」


 女性がそう言うと千鶴の奴はわかってくれたのか怒りを鎮めてくれた。


 「全く。 俊が他人に対して優しいのは知ってるけど、 あまり私を嫉妬させるような真似はしないで欲しいわね」
 「す、 すまん……」
 「あ、 あの……」
 「あんたの目的地ならちゃんと連れて行ってやるわよ。 だからそんな不安そうな顔するんじゃないわよ。 でも“私”の俊に色目使ったら殺すから」


 千鶴はそう言った後俺の腕に強く抱き着いてきた。
 その様子はまるで自分の大事な物を他の人にとられないように守っている様子だと俺は感じた。


 「ははは……このままだといつまで経っても進まないからそろそろ行こうか。 それと君の名前教えてくれないかな?」
 「は、 はい……私は葵と言います」
 「へぇ。 いい名前だね」
 「そ、 そうでしゅか……」
 

 なんかこの子小動物みたいで可愛いな。
 俺がそんあことを考えていると俺の右腕に猛烈な痛みが走った。


 「俊。 浮気は許さないって言ったばかりでしょう? もう忘れたの?」
 「俺が悪かったからそれ以上抓らないでくれ!」
 「ふふふ……」
 「ちょっと! あんた何がおかしいのよ!」
 「す、 すみません……ただお二人があ、 あまりにもお似合いのカップルだったものなのでつい笑ってしまったんです……」
 「お、 お似合い……」


 千鶴は葵にそう言われ余程嬉しかったのか頭から湯気みたいなものがでていて、 顔は真っ赤になっていた。
 そんな千鶴を引き連れながら俺は目的の場所まで葵を連れて行ってあげた。
 

 「どうもありがとうございました……」 
 「気にしなくていいよ」
 「それじゃあ……」
 

その言葉を最後に葵は店の中に入っていった。


 「さてと俺達もそろそろ帰るか」
 「ちょっと待って。 最後に渡したいものがあるの」
 「渡したいもの?」
 「はい! これあげる!」


 千鶴がそう言いながら俺にくれたのは、 赤い毛糸で作られたマフラーだった。


 「これを俺にか?」
 「そうよ。 それより早くつけて! 早く!」
 「わ、 わかったからそう急かすな!」


 ~数分後~


 「俊。 とっても似合ってるわよ!」
 「そ、 そうか?」
 「ふふふ、 さすが私の自慢の彼氏ね!」


 なんかそう言われるとものすごく恥ずかしい。


 「えっと千鶴。 お前に一つ謝らなちゃいけないことがある」
 「何?」
 「俺お前へのクリスマスプレゼント用意してないんだ。 折角お前がこんな素敵な物をくれたのに。 本当にすまない......」
 「仕方ないわね。 許してあげる」
 「千鶴……」
 「ねぇ俊ちょっとこっちにきてくれない?」
 「あ、 ああ……」


 俺は千鶴にそう言われ近づいた瞬間、 千鶴は俺の唇にキスをした。


 「な! い、 いきなり何を……」
 「ふふふ。 俊のファーストキス頂き! はあ〜本当に今年は最高のクリスマスだわ!」
 「お、 お前まさかこれの為に俺に近づけと……」
 「ねぇ俊。 私からも一つ言いたいことがあるんだ」
 「なんだよ」
 「私は俊の事が大•大•大好き!」


 千鶴はそう言いながら、 俺に思い切り抱き着いてきた。
 全くこいつは本当に……
 俺はこの時心が暖まる感覚がして、 とても心地がよいと感じていた。
 

 「なあ千鶴」
 「なあに?」
 「ありがとう」
 「あれ? 俊ったらもう私の魅力にメロメロなのかしら?」
 「そうかもな。 お前の言う通り俺はチョロイからな」
 

 俺はそう言った後、 千鶴と手を繋ぎながら共に歩き出した。 



「俺の周りの女性は全員美少女なんだが必ず何か重大な欠点がある!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く