俺の周りの女性は全員美少女なんだが必ず何か重大な欠点がある!

サクえもん

30話 幼女とお風呂

 俺とエルザが案内された部屋は、 二人に使うにしてはかなり広かった。


 「なんかこうも広いと落ち着かないな」
 「わ~いなのだ!」


 エルザは、 俺と違ってこの部屋の広さが気にならないようだ。
 まあこいつは、 もともとあの廃城で住んでたわけだしな。
 そういえばこの部屋には、 風呂があるとかクリスが言ってたな。
 最近俺も風呂に入ってなかったし入るとするかな。


 「おいエルザ。 俺は今から風呂に入ってくるけどお前はどうする?」
 「私もシュンと一緒に入るのだ!」
 

 まあこいつは、 子供みたいなもんだし一緒に入っても問題ないか。
 でもさすがに俺も息子は、 見せたくないから腰にタオルは巻くがな。
 何? 風呂に入る時にタオル巻くのは、 マナー違反だって?
 こまけぇことはいいんだよ!
 俺は風呂に入ると決めると脱衣所で服を脱ぎ、 浴室へと向かった。


 「風呂場もでかいな!」
 「シュンお待たせなのだ! 早く入ろうなのだ!」
 

 エルザはそう言うと思い切り俺に飛びついてきた。
 俺は、 その行動を予想できず、 そのまま風呂へと頭からダイブする羽目になった。


 「風呂の中で走るんじゃない!」
 「ははは! とっても気持ちいいのだ!」
 「ちょっとは人の話を聞け!」


 全くこいつは、 本当に子供っぽいな。 
 でもこいつこれでも五百年生きてるんだよな。


 「どうかしたのだ?」
 

 やっぱり十歳ぐらいの幼女にしか見えない。


 「そう言えばよくよく考えると俺とお前が二人きりで会話するのなんて初めてだな。 これもいい機会だし、 色々お前のことについて質問してもいいか?」
 「構わないのだ! じゃんじゃん質問するといいのだ!」
 「それじゃあまず初めに、 お前ってどの程度の頻度で血が飲みたくなるんだ?」
 「自分でもよくわからないのだ。 血が吸いたい時は、  突然くるのだ」
 「そうか。 次にお前は人間の食べ物を食べれるのか?」
 「ニンニク以外は、 大丈夫なのだ」


 こいつとも一緒に美味しい食べ物とか食べたかったからな。
 その点に関しては、 よかった。
 でも吸血鬼と言うだけあって、 ニンニクはダメなのか。
 てかよくよく考えると異世界にもニンニクってあるんだな。


 「もしニンニクを食べたらどうなるんだ?」
 「死ぬのだ」
 「そんなにお前にとってニンニクって危険なのかよ!」
 「そうなのだ。 それとニンニクの匂いを嗅ぐだけでも気絶してしまうのだ」


 これは、 かなり注意しなくちゃな。


 「じゃあ次の質問。 お前は十字架とか銀製のナイフに弱いのか?」
 「当然なのだ」


 なるほどなるほど。 
 大体こいつは、 俺の知っている吸血鬼の知識がすべて当てはまる存在なのか。
 

 「それじゃあお前って鏡に姿がうつらないんじゃないか?」
 「シュンは、 吸血鬼の事についてとっても詳しいのだ! 私のことを沢山知ってくれていてとっても嬉しいのだ!」


 そう言うエルザは、 風呂の中でぴょんぴょん跳ね回った。


 「おいこら! 風呂の中で暴れるな!」
 「ご、 ごめんなのだ……」


 こう露骨に落ち込まれるとなんかこっちまで罪悪感にかられるな。


 「反省したならそれでいいんだよ。 次からはしないようにしろよ?」
 「やっぱりシュンは、 優しいのだ! 私はそんなシュンの事が大好きなのだ!」
 

 エルザば、 そう言いながら俺に抱きついてきた。


 「はいはい。 俺もお前のことが好きだよ」


 まあ子供としてだけどな。


 「さてと今からお前の頭を洗ってやるから、 一旦風呂から出ろ~」
 「わかったのだ」


 俺は、 風呂から出るとエルザの頭になぜかこの場にあったシャンプーハットをつけた。
 本当にここって異世界なのかと思うことが多すぎる気がするんだが、 まあこの世界を作ったのがあのバカ女神どもと考えるとこれも当然の事なのかね。


 「シュンシュン! 私もシュンに質問したいのだ!」
 「いいぞ~」
 「それじゃあシュンが一番好きな女の子を教えて欲しいのだ!」
 「ブッ!」


 俺はあまりの予想外の質問に、 吹き出してしまった。


 「どうかしたのだ?」
 「いや、 気にするな。 お前の質問が予想外過ぎて驚いているだけだよ」


 それにしても俺の一番好きな女の子ね。 
 まあラピスさんだろうな。
 だって優しいし、 美人だし、 料理上手だしこれほど完璧な人は早々いないしな。
 ん? でもそう考えると千鶴もすべてこの条件が当てはまってるて?
 あいつは殺人鬼だからOUTだよ!
 

 「俺が一番好きな女の子は……」


 だが俺はいざラピスさんの名前を口に出そうとしたのだが、 なぜか声が出なかった。


 「シュン?」
 「すまんすまん。 なんか喉の調子が悪くてな。 俺が好きなのは……」
 「もちろん私ですよ!」
 「ん? 何か今変な声が……」


 俺が横を見るとそこには、 なぜかルビーが立っていた。


 「なぜお前がここにいる!」
 「いえ女神の直感で、 俊さんがお風呂に入っていると察したものですから来ちゃいました。 テヘッ!」


 ウザい! ウザい! ウザい!
 てか女神の直感ってなんだよ!


 「いいから早く出ていけ!」
 「なんでエルザさんには、 裸を見せても平気なのに私には嫌なんですか! ハッ! まさか私のことを異性として……」
 「お前の頭は、 本当にどうなってるんだよ! 俺がお前に裸を見せたくない理由なんてお前のことが嫌いだからに決まってるだろう!」
 「え~またまた~」
 「俺は冗談で言ってるんじゃねえよ! ああ、 もういい加減にしろ!」


 俺はそう言うとルビーの首根っこを掴み部屋から摘みだした。
 またその時に、 部屋の鍵も閉めておいた。


 「俊さん開けてくださいよ! ハッ! もしやこれが噂に聞いた放置プレイ!」
 「うるさい! 黙れ! 死ね!」
 「はう! ありがとうございます!」


 こいつには、 これ以上何を言っても無駄だな。
 俺は、 そう思うとルビーの事を無視して浴室へと戻った。


 「すまないな。 頭洗ってる途中だったのに」
 「別に気にしてないのだ。 それでシュンが好きなのはルビー……」
 「それだけは絶対にない!」
 

 全くあいつは、 本当に余計なことしかしないな。


 「それじゃあ結局シュンは、 誰が一番好きなのだ?」
 「俺は、 お前ら全員の事が好きだよ。 だからそこに一番とかないな」


 多分さっき俺が声が出なかったのは、 きっと俺の本音ではこう思っているからだろうな。


 「シュンらしい、 いい答えだと思うのだ」
 「俺らしいね……」


 俺らしいと言われても今の俺は、 記憶を失ってできたような存在だからその言葉は、 どこか違うような気がする。


 「シュン。 急に手が止まってどうかしたのだ?」
 「あ、 ああ悪い。 なんでもないよ。 そんな事よりも目を瞑っておけ。 頭のシャンプー流すから」
 「わかったのだ」


 ザバーン


 「さてと体については、 自分で洗ってくれ」
 「なんでなのだ?」
 「さすがに男の俺が幼女とは言え、 女のお前の体を洗うのは不味いからだよ」
 「わかったのだ……」


 はあ~本当にこいつは、 甘えん坊だな。
 でもこれだけは譲るわけにはいかないしな。
 その後俺は、 自身の体を洗い、 再び風呂に入った後風呂から上がることにした。


 「ふう~いいお湯だった」
 「とっても気持ちよかったのだ!」
 「おい! お前髪の毛がべたべたじゃないか! あ~もう! そのままだと髪の毛が痛むだろう! ちょっとこっちにこい!」
 

 俺はそう言うとエルザの髪の手入れをしてやった。
 

 「ありがとうなのだ! シュンとっても上手だったのだ!」
 「そうかそうか」


 俺って今まで女性の髪の手入れなんてしたことがないのになぜできるんだ?
 しかも全く迷いなく完璧に......
 こんなこと今までできなかったはずだ。
 それなのになぜ......


 「さっきからシュンは、 色々様子がおかしいのだ」


 いかんいかん。 エルザに要らぬ心配をかけてしまったな。


 「俺は大丈夫だよ。 でもとりあえず今日は、 もう寝るよ」
 「わかったのだ。 私もシュンと一緒に寝るのだ!」
 「全く。 お前は本当に甘えん坊だな」


 俺はそう言った後ベットに寝転んだ。
 今日の俺はよほど疲れていたのか、 ベットに転がるとすぐに睡魔が襲ってきて、 眠ってしまった。



「俺の周りの女性は全員美少女なんだが必ず何か重大な欠点がある!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く