転移したらダンジョンの下層だった

Gai

百二話結果発表

Fランクの昇格試験が終わり、最初に集まった教室に戻った受験者の冒険者達の表情はかなり緊張した表情になっていた。
中には貧乏ゆすりが止まらない者や、祈っている者さえいた。

そんな受験者達の中でソウスケとミレアナだけは表情が普段と全く変わっていなかった。

ミレアナは特に焦る表情を浮かべる事無く座っており、ソウスケは周りの受験者達の表情が面白く感じたのかチラチラとばれない様に覗いていた。

(・・・・・・なんかこの世の終わりみたいな顔をしてる奴もいるな。まぁ、お世辞にもこいつはしっかりと戦えていたって奴はいなかったからな。ただ、なんて言えば良いんだろうな・・・・・・試験官のブライドさんの口振りからすると、先輩冒険者から試験の内容がどんな物なのか聞いていた奴らもいるって事だよな)

その事自体にソウスケは悪いとは思わず、寧ろ使えるコネを悪い方向に使っている訳ではないので、逆に情報収集をしっかりしていて偉いなとすら思っていた。

だが、偉いとは思うものの疑問も感じていた。

(だったら、なんでもう少し対人戦の訓練をしなかったんだろうな。試験内容を知っていたって事は教えて貰ったのはFランク以上の冒険者だって事だよな? 何でまともに訓練もせずに受けたんだ? もしかして試験内容を教えた先輩の冒険者がわざとそこまで難しいい試験じゃないって教えたのか?)

自分とミレアナ以外の受験者の予想外の弱さにソウスケは試験前に訓練をしていない様に感じるのが、不思議で仕方なく結果に自信がない受験者達とは違う意味で悩ましい表情をしていた。

「・・・・・・そんな悩んだ顔をしてどうしたんですかソウスケさん? ソウスケさんの摸擬戦の戦いぶりからして不合格はないと思いますけど」

ミレアナは周囲に聞こえない様に小さくソウスケに声を掛けた。今ミレアナがソウスケに話した内容が周囲に聞こえてしまうと、受験者達の視線を一気に集めたミレアナとはいえ反感を買う事は間違いないだろう。

「そこは全く心配してないよ。ただ、何で事前の試験内容の情報を手に入れた奴もいるのにここまで対人戦が弱いのか疑問に思ってさ。ゴブリンとかポンズマウスやホーンラビットなら確かに倒せる実力は持っていると思うけど、ホブゴブリンとかは流石に勝てないんじゃないかって思うんだよな」

「・・・・・・そうですね。どこか私達以外の受験生の方々は攻撃が大雑把というか、応用や小細工が出来ていない感じがしますからね。早い段階で壁にぶつかる可能性は高いですね」

経験者らしいミレアナの言葉にソウスケは他の受験生達にとったら壁にぶつかる前に、上から鉄球を落とされた状態かもなと思った。

(部屋に入った時の受験生達の表情からして余裕で、昇格試験に受かるだろうって感じだったからな。そこからの落差というか・・・・・・現実を突きつけられて心が折れかけている奴もいるだろうな)

ブライドとリーナは試験官という立場があるので、ソウスケとミレアナ以外には摸擬戦が終わる度に受験生達にアドバイスをしていたが、アドバイスを受け取った者達の表情は様々だった。

(前を向けている奴はしっかりと今後どうすればいいかを考えられている筈だが、アドバイスを聞いてもいまいちやる気が出ていない奴はもしかしたら冒険者を辞めるかもな。まぁ、冒険者の仕事は堅実に、危険を冒さない様に行動していても死ぬときは死ぬだろうからな)

今回の試験の結果で自分以外の受験者達が冒険者を辞めても仕方がないだろうとソウスケが思っていると、受験者の合否についての話し合いを終えたブライドとリーナが部屋に入って来た。

二人が入って来た事により緊張や焦り、苛立ちの表情を浮かべていた受験者達の表情が固まり、誰かに言われるまでもなく全員が話を止めて前を向いた。

「よし、全員いるな。これから昇格試験に合格試験に合格した奴の名前を呼んでいく。今回の昇格試験で不合格になってしまった奴も落ち込む事は無い。昇格試験はまた直ぐにという訳ではないが再挑戦する事が出来る。それじゃ、名前を呼んでいくぞ」

ブライドは受験者達に心の準備をする時間も与えずに、まずは接近戦タイプの受験生達の合格者を発表した。

「ーーーーー、ーーーーー、ーーーーー、ソウスケ。この四人が今回のFランク昇格試験の中で近接戦タイプの合格者だ。後で受付に言って受付嬢の人にギルドカードを更新してもらってくれ」

今回の昇格試験で接近戦タイプの受験者は、ソウスケを含め十一人中四人しか受からず、合格者は半分以下という結果になった。

ソウスケ以外の名前を呼ばれた受験者は、落ち込んでいる受験者達の事なんかお構いなしに声を上げて喜んでいた。
そして名前を呼ばれなかった冒険者の中には勿論レイガもあり、目からビームでも出そうな目力でソウスケを睨み付けていた。

「転移したらダンジョンの下層だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く