転移したらダンジョンの下層だった

Gai

九十三話・・・・・・初心すぎるな

自分達に・・・・・・主にミレアナに向けられている視線を見て、ソウスケは心の中で大きくため息を吐いた。

(はぁ~~~~・・・・・・おそらく、というか完全にあいつらの目に俺は映っていないだろうな。女の冒険者からの視線はどうでもいいけど、男の冒険者からの視線がな~~~~、はっきり言ってヤバイ。嫉妬の様な視線が感じないと言う事は俺は認識されていないも同然だし・・・・・・とりあえず座るか)

立ったまま考え込まず、とりあえず座ろうと思いソウスケはミレアナに声をかけ、右端のテーブルに座った。
二人が座るとソウスケとさほど年が変わらない男の冒険者がミレアナに声をかけて来た。

「な、なぁエルフのお姉さん。な、なな名前はなんて言うんだ?」

(早速話しかけて・・・・・・いや、ナンパしてきたか)

ミレアナに話しかけて来た冒険者をソウスケはばれない様にチラッと見た。
身長は百六十程と小さくも大きくもない。顔は少し野性味があるがそこまで特徴的ではない。
武器は手斧。特に特別な武器をいう物ではなく、どこにでも売ってあるような手斧。
体は多少がっしりとしているが、そこまで鍛えられあげた物ではない。

ソウスケはミレアナに声を掛けた少年の観察を終えると、今のところミレアナに迷惑を掛けている訳ではないので特に口を挟まなかった。

「私ですか? 私の名前はミレアナです。種族はハ、エルフで今日はお互い頑張りましょうね」

ミレアナは話す相手が完全に自分より下の相手、子供と認識出来る相手だからか、慌てずつっかえずに話す事が出来ている。
そして自分の種族を伝える時にソウスケに迷惑が掛からない様にと、自分の種族を言い直して普通のエルフだと伝えた。

そこら辺の美人の笑顔が霞むようなミレアナの純真な笑顔を向けられた冒険者は頬を真っ赤にしていた。
ちなみにミレアナに話しかけるのに出遅れた少年と呼べる冒険者達も、ミレアナに話しかけた冒険者と同様にミレアナの純真な笑顔を見て頬を真っ赤にしていた。

その様子を見ていたソウスケは内心で笑うような事はせず、そういう反応になるよなと納得していた。

「お、おおお俺のな、名前はれ、レイガだ。武器はて、手斧を使ってるんだ。冒険者になってえ、Fランクの昇格試験をうけるまで半年ぐらいしかか、かかってないんだぜ。す、すすすげーだりょ」

「・・・・・・」

ソウスケは冒険者のつっかかり具合と最後の噛みで、笑いを内心で止める事が出来ずに大笑いしそうになったが、口に手を当てて机に突っ伏し、プルプルと震えながら笑いをこらえていた。

最後に言葉を噛んでしまった冒険者・・・・・・レイガも言葉を噛んだ事を自覚しているため、更に顔を赤くしていた。もはや色がトマトに近い。

(正直半年でFランクの昇格試験を受けられるのが凄い事なのか、俺には全く分からないな。というかなんで名前だけじゃなくてどうでもいい事まで言ってるんだコイツ)

ソウスケとしては半月を絶たずにFランクの昇格試験を受けるため、なぜレイガがそこまで自慢げにミレアナに伝えているのかが分からなかった。

言葉をつっかえ、最後に噛んでしまった冒険者に対してミレアナは笑うような事せずにこれまた良い笑顔で返した。

「そうなんですか、それは凄いですね。それで・・・・・・顔が赤くなっていますけど大丈夫ですか? もし具合が悪い様なら日程を変えて貰った方が良いと思いますが」

ミレアナはソウスケ同様に半年でFランクの昇格試験を受ける事が自慢する程凄い事なのか分からなかったが、とりあえず凄いですねと返した。
そしてレイガの顔が赤くなっている原因が自分だと言う事が分からず、真剣にレイガの事を心配していた。

「べ、別にどうってことななないぜ。そ、それでミレアナさんはそそソロのぼ、冒険者なのか? もしそ、もしだったらしょ、昇格試験が終わったあ、後にお、おおおおお俺らとい、一緒にぱ、パーティをくく組まないか?み、ミレアナさんが入ってくれたらちょちょちょ丁度人数がよ、四人になってバランスがす、すごく良くなるんだ」

レイガからの勧誘・・・・・・もといナンパのセリフを聞いたソウスケはやっぱりか~~~、とばれない様にため息を吐いた。

(こいつ・・・・・・マジで俺の存在に気が付いていないみたいだな。俺一応ミレアナの目に部屋に入ったよな。そして俺の後にミレアナが入って来た。そして俺はミレアナに右端の席に座るぞと伝えた。なのに何故ミレアナが俺とパーティー組んでいるって分からないんだ!!?? こいつの目はいかれてるのか?)

ソウスケはレイガの認識力の無さにかなり驚いていた。レイガのセリフから結論を考えると、レイガの耳にはソウスケの言葉すら聞こえていなかった事になる。

だが、事実レイガのフィルターにはそもそもソウスケが映ってすらいなかった。

そして返事を心臓バクバクにさせながら待っていると、返事はレイガに・・・・・・いや、今部屋の中にいる男の冒険者達にとって最も聞きたくなかったものだった。

「すみません。私は既にソウスケさんとパーティーを組んでいるのでレイガさん達とパーティー組むことは出来ません」

ミレアナからの返事を聞いたレイガは石のように固まってしまった。

「転移したらダンジョンの下層だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く