転移したらダンジョンの下層だった

Gai

九十二話いざ顔合わせ

先日と同様、容姿とスタイルのレベルが圧倒的に高いミレアナにギルド内にいる冒険者とギルド職員が見惚れ、コソコソと話しているがソウスケは気にせずにセーレの元に向かった。

ミレアナは自分に集まっている視線を完全に無視する事が出来ず、周囲をキョロキョロと見ていた。

「こんにちは、セーレさん」

「どうもこんにちは、ソウスケさん。今日ギルドに来たのは昇格試験を受けに来たからでしょうか」

「はい。それで集合する部屋とかがあるのかが聞きたくて」

ソウスケは冒険者になってから圧倒的に日が浅く、昇格試験等の時に集まる部屋などが全く分からなかった。

「そうですか、なら私が案内しますので着いて来てください」

セーレは近くにいた受付嬢に少しだけ自分の代わりをしてもらうように伝えてからカウンターの外に出て、二人を二階にある昇格試験の時に使う部屋へと案内をした。

声をかけれた受付嬢はセーレが場所を言うだけで終わらせず、自ら案内した事にかなり驚き、もしかしてソウスケが見た目の割にかなり強いのではと予想した。
そしてもれなくセーレ自らに案内をしてもらっているソウスケへ、ギルド内の男性陣はソウスケに殺意や敵意に近い物を送っていた。

勿論男性陣の視線にソウスケは気づいており内心で、そういった関係じゃないつーーーの、とめんどくさそうな顔でツッコミ、大きくため息を吐いていた。

そんな気だるげなソウスケの様子をミレアナは心配そうに見ていた。

「だ、大丈夫ですかソウスケさん? 試験前にお手洗いに行きますか?」

「いや、そういった意味で元気がない顔になっている訳じゃないんだ。お前が気にする必要は無い」

(半分ぐらいはお前が原因なんだけどな)

声には出さなかったが、心の中で自分がめんどくさい視線を向けられている理由を呟いた。
だが、視線を向けて来た冒険者の中に直感的に自分の実力を超える冒険者はいないと判断し、ソウスケ内心はめんどくさいと思いながらも決して焦ってはいなかった。

「そちらの方がメイの言っていたソウスケさんが買われた奴隷の方ですか・・・・・・中々の実力の持ち主ですね」

「はい、昨日外でモンスターとの戦いを見させて貰ったんですけど、かなりの実力を持っていますよ。今回の試験で試験官の人に圧勝してプライドを壊してしまわないかが心配です」

ソウスケの半分冗談で半分本気の言葉にセーレは小さく笑い、確かにそうなるかもしれませんねと返した。
二人に自分の実力を褒められたミレアナは頬を赤くして照れていた。

「そ、そんな・・・・・・私なんてまだまだですよ~~~」

「お前がまだまだだったら、冒険者の半分以上がまだまだになるわ」

ミレアナの謙虚な言葉にソウスケは鋭くツッコんだ。
しかしソウスケのツッコミは間違っておらず、ミレアナの実力でまだまだや半人前という評価になるならば、冒険者達の七~八割がたの人がまだまだの分類に入ってしまう。

「ソウスケさんの言う通りですよミレアナさん。もっと自分に自信を持ってください」

「は、はい。有難う御座います!!」

緊張しながらも大きな声で返事をするミレアナに、セーレは好感を持てたと同時におそらく現役時代の自分より強いなと感じた。

(経験や総合的な物を含めれば私の方がまだ実力は上かもしれませんが、潜在能力的な意味では私より完全に上ですね。しかし彼女の様な見た目も良く実力のある奴隷を買うとなると、相当なお金が必要になる筈ですが・・・・・・そういえばソウスケさんにはかなりの財力がありましたね)

セーレがソウスケがミレアナを買えた理由は少し違っていたが、あながち間違いでもなかった。

「さて、この部屋が今回の昇格試験を受ける冒険者達が集まる場所になります。既に中には十人ほど入っていますが、ソウスケさんが最後という訳ではありません。それでは試験を頑張ってください」

セーレは二人に応援の言葉を贈るが、最後に小声でやり過ぎないようにお願いしますと呟いた。

ソウスケは苦笑いになりながら、ミレアナはコクコクと頷きながら分かりましたと答えた。

(・・・・・・やっぱり心配だな~~~~)

隣で緊張しながら返事をしているミレアナを見て、ソウスケは再び心配な気持ちが膨らんできた。

(どうかギルドのブラックリスト的な物に載るような事件は起きませんように)

ソウスケは自分をこの世界に転移させた神様に祈りながら、昇格試験を受ける冒険者達が集まる部屋へと入った。

すると、中にいた冒険者達の視線が一気に二人に集まった・・・・・・主にミレアナに。

「転移したらダンジョンの下層だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く