転移したらダンジョンの下層だった

Gai

二十五話演技下手か

「ギギギィィイイイイイ!!!!!」


ソウスケの背後から棍棒を持った二体のゴブリンが襲ってきた。
それをソウスケは慌てることなく、冷静に対処した。


「せっかく背後に回ったんだったら、襲い掛かるときに声を出すなよ。それじゃぁ、せっかくの奇襲が無意味だぞ。まぁ、元々無意味なんだけどな」


ソウスケは一体のゴブリンの棍棒を避け、もう一体のゴブリンの棍棒を手の甲で弾き飛ばし、腹にボディを一発決めた。


「よっと」


「ギギイイ!!??」


ソウスケの力は、ソウスケ自身が思っているよりも強く、軽く殴ったつもりが勢いよく飛んでいき、木に激突した。
激突した気の表面は大きく抉れていた。


「・・・・・・やり過ぎた、かな」


「ギイイャアアア!!!」


ソウスケは、同族がやられたのにも関わらず、ソウスケを棍棒で叩き付けようとしたゴブリンを、自分の力が思いの外強くなっているのに驚きながらも、棍棒を左足で蹴飛ばし拳を顔面に叩き付けた。


顔面を殴られたゴブリンは吹き飛び悲鳴を上げ、少しすると息絶えた。


「「「「ギヤアアアアアアアア!!!!!」」」」


同族があっさりとやられた残りの四体のゴブリンは、自分達の予想と結果が違い過ぎた事に焦り、四人で一斉に襲い掛かって来た。


「この世界に来たばかりの時にこんな状況になっていたら、本当はこんなに冷静になっていなかったんだろうな」


戦争がなく、基本的に平和な国に生まれた自分が、こんな状況に対して冷静なことに感心しながら、魔法を詠唱抜きで唱えた。


「ウォーター二-ドル」


ソウスケが魔法を唱えると、水の針現れてゴブリン達の額を貫いた。


「うん。狙い通りだな。魔法の狙いもそこまで集中しなくても狙えるようになったな」


額を貫かれたゴブリン達は、空中で意識を失い、絶命して地面に倒れた。


「スキルとかは偽装? 隠蔽? してるから相手との実力が分からなかったのか? それとも単純にランクが低いゴブリンだからか? まぁ、どうでもいいことか。それと・・・・・・」


ソウスケは最初に殴り飛ばしたゴブリンに、腰にぶら下げていた短剣を喉元に投げつけた。


「ギヤァァアアアア・・・・・・」


「そんな下手な演技で騙されるほど、俺は甘くないっての。口がにやけ過ぎたろ。油断したところを襲いますよって、言ってるようなもんだぞ。って、死体に言っても仕方がないか。取りあえず魔石と討伐証明部位は取るとするか」


ランクが低いゴブリンの魔石は小さいので、余り利用価値がないとソウスケは思いながらも、とりあえず回収した。


「さてと、採集の続きをするか」


ソウスケは腰を下ろし、一旦中断したメスーナ草の採集を再開した。
続きの採集は数分程で終わり、もう少しメスーナ草を探すことにした。


「よし、これで最後だな。う~~~~ん。もうちょい欲しいからポレル草も探しつつ、メスーナ草も探すとするか」


ソウスケは依頼の薬草を探しに、さらに奥へ向かった。




「・・・・・・これみたいだな。今回はヒルエ草の時みたいに当たりみたいだな」


ソウスケの目の前にはたくさんのポレル草が生えていた。


「これだけあれば自分用にたくさんとっても大丈夫そうだな」


気分を良くしたソウスケは、鼻歌を歌いながら最終を始めた。


「しっかし、錬金術の事なんかさっぱりなのに、ポーションの作り方とかなんとなく頭に浮かぶんだよな。何でだ? スキルを持ってたとしてもそんな事あり得ないと思うんだけどな。というか、そもそも何も学んでないもにスキルレベル五を持っている俺がおかしいのか? うん、多分そうなんだろうな」


自分の異常性を思い出し、無理やり納得させた。


「というか、作るにしてもポーションは道具は必要ないらしいけど、入れる容器がないな・・・・・・それは今度買うとするか」


やっぱり少し抜けているなと自分で思いながら、とりあえず採集を続けていると、ソウスケの耳に人の悲鳴が聞こえた。

「転移したらダンジョンの下層だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く