話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

漆黒王の英雄譚

夜叉神

第28話 アルトの危機

突如襲ってきたリュシュトベルト帝国第三皇女エミリアに驚いていたアシュレイも我に返って止めに入る。


「ちょっと!何やってるの?!」

「エミリア、その辺にしておけ。」

「はーいお父様。もう少しだと思ったけどな」

剣をしまって皇帝の隣に戻るエミリア。

「ほんと危なかったよ。まあ、刃は潰して置いたから問題ないけど」

「え?」

俺のつぶやきに驚いて剣を見るときちんと刃の潰れている剣があった。


「なかなかいい奇襲だったが、まだまだだったようだな。」

「もう!悔しい!」

地団駄するエミリアを見ながら俺は冷や汗で汗だくになっていた。


(なんでこんなとこいんだよ!てかやばいやばい。エミリアとアシュレイを引き合せる訳には行かなかったのに!)

「こんにちは、アドミレアさん。久しぶりね」

「今日はどんなご用事で?」

「そんなもの・・・」

エミリアの目がアルトを捉える。

「アルト君に逢いに来たに決まってるじゃないですか!」

満面の笑みでアルトに抱き着いてくるエミリアを受け止めることしか出来ず焦るアルト。

「え、エミリアさん?私のアルトに何をやっているのかしら?」

そこに引き攣った顔のアシュレイが声をかける。

「あら、アシュレイ王女。御機嫌よう。何って・・・抱きついているのよ?」

素っ気ない返事を返すエミリア。

「そ、そうですか。しかし婚約前の皇女がそのようなはしたない行為はやめた方がいいんじゃないかしら?私はアルトと婚約してるから?大丈夫だけど?」

それに対抗してエミリアからアルトを奪い返すアシュレイ。


「あ!私のアルト君を返して!アルト君と結婚するのは私です!」

「な、何を言っている!アルトは私のモノだ!」

「いいえ!私のものです!」

ついに始まってしまったアルトの取り合い喧嘩。これが嫌だからアルトは2人を引き合わせたくなかった。


「・・・ごめんなさい・・・」


そしてアルトは逃げた。
通常なら触れている人も一緒に転移させてしまう時空間転移を左右に人が密着している状態で自分だけを転移させるという超高難易度な技をしてその場から転移した。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



「しかしこれからどうするか。」

アルトが逃亡してから既に3日が経とうとしている。さすがにアシュレイとエミリアもここまでは来れないようで追手は来ていない。

「やべぇよなぁ?てか、なんでエミリアはあんな勘違いを?そうか!勘違いだって言えばエミリアも元に戻るはず!それでアシュレイも大丈夫なはずだ!よし!そうしよう!」


「いえ、勘違いではありませんよ?」

「どわぁ?!」

突如背後から聞こえる声に驚くアルト。そこには水着姿のアドミレアがいた。


「なんでここに居るんだよ!」

「マスターこそいつまでここにいるつもりですか?そろそろ帰ってきてください」

「帰りたいのはやまやまなんだけどさぁ・・・そう言えば勘違いじゃないってのはどういうことだ?」

「ですからエミリア様は勘違いはしておりませんし、それを勘違いしていると思っているマスターが勘違いしているのです。」

「ま?」

「まじです。」

「うそ〜ん」

「さぁ、戻りますよ。心配しなくても大丈夫でふ。皆さんには集まってもらっていますよ。もちろんエルヴィン様達もです。」

「ま、マジで?!」

「ええ、ですから早く帰りましょう」

どうやらアルトは危機に瀕しているようだ。

「早くしないとさらに勘違いしたアシュレイ様がマスターを指名手配犯にしてしまいます。」

「それはやばいだろ!」

「はい。ですから帰りますよ」

「く、クソォォォ!!」

その後アドミレアによって連れ戻されたアルトは深刻な雰囲気のベルマーレに戻ってきた。

「漆黒王の英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く