話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

漆黒王の英雄譚

夜叉神

第6話 感動の再会

今回の戦いが勝利で終わったことはすぐさま国王陛下から国民へ伝えられた。
国民は勝利を喜び至る所で宴の場が出来た。もちろんそれは貴族達も例外では無い。国王陛下から些細だが宴を開くと告知され夜に備えすぐさま貴族達が王城へやってきた。


「え?じゃあハドルフさんもハドラーも行ってなかったんだ」

「ああ、何も聞いてなかったぞ?あいつ・・・」

俺がハドルフさん達に旅に出ると伝えていた事を話すと親父はピクピクと拳をふるわせながら結局ため息を吐いた。

「まあ、今更掘り返しても仕方がねぇか。」

「王家は演技派なのかな?」

「あ〜そうかもな。全くそんな素振り見せなかったからな」

俺達は今王城の一室で休憩している。30分ほど前に俺の自己紹介などをカサールさんやほかの連合代表者に説明しなんとか理解してもらった。あと30分ほどで宴も始まる頃だろう。


「それにしてもどうして5年間も帰ってこなかったんだ?」

「んっと〜ある意味単純なんだけどこれには海よりも深い訳があって・・・」

これから説明すると長くなるよ?と言おうとしたらセバスさんが来た。

「エルヴィン様、アルベルト様、宴の準備が整いました」

「あ、セバスさん。お久しぶりです」

「そうですね。お久しぶりです。どうでしたか?何か得られましたか?」

「そうですね。いろんな場所に行きました。楽しかったですよ」

「・・・そうですか。それは何よりです。それでは会場にご案内致します。」

「お願いします」

その後セバスさんに連れられて俺達は会場入りした。会場に入ると既にたくさんの貴族達が来ていて、既に酒を手に取っている人もいた。

「そう言えば酒って未成年は飲んじゃいけないとかあるの?」

「いや、特に無いが。けどそうだな。大抵は成人してから飲む人が多いと思うぞ。」

「親父は?」

「俺はお前の年の頃にはもう飲んでたな」

「うわぁ・・・」

「なんだ!その反応は!?」

俺は未成年なのでジュースを貰いながら会場を親父と共に歩く。
すると目の前にアイリス母さんがいた。

「あ、アイリス母さん」

「あら、アルトとエル。待ってたわ。こっちに来て」

そう言って俺の手を引きながら進んでいくとそこには7人の人達がいた。

「みんな!」

アイリスがその人達に呼び掛けると全員がこちらに振り返った。そして俺の事を見て目を見開く。

「ただいま、みんな」

俺がそういうとその人達・・・俺の家族は俺の方によってきた。

「アルト君だよね・・・?」

「うん。心配かけてごめんなさい。」

「ほんとよ・・・!」

みんな感動したようで涙ぐんでいる。

「今までどうしてたの?」

「久しぶりフィーナ姉さん。ちょっと旅に出てたんだ。」

「旅って・・・長すぎじゃないか?」

「ちょっと長すぎちゃったよ、ヴァイス兄さん」

「ちょっと所じゃないよね」

「予想では2年くらいのつもりだったんだけどね、アル兄。それにレオ兄さんとリンゼ姉さんはもう学院生でしょ?ちょっと遅すぎたかな?」

「何言ってるんだ?アルトも今年から学院生だろ?」

あれ?そう言えば俺10歳か。

「あはは、忘れてた」

苦笑いしているとアイリス母さんが親父が何故か変な汗を書いてることに気がついた。

「どうしたの?エル」

「いや、その・・・ずっとアルトが居なかったから学院の入学手続き忘れてた・・・・・・」

親父の言葉にシーンとなってしまった。

「国王陛下に言って何とかならないかしら?」

「ひとつの家だけを優遇する訳には行かないだろ?すまんな、アルト」

「別にいいよ。」

「けど、同年代で友達が居ないのは辛いだろう?」

「まあ、それはそうだけど。仕方が無いさ。いざとなったら編入でもすればいい」

「そうだな。」

その後家族と話していると・・・・・・


「国王陛下と王家の皆様のご入場です」

ついに本格的にパーティが始まった。

「漆黒王の英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く