話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アルケニアオンライン~昴のVRMMOゲームライフ。冒険生産なんでも楽しみます。

じゃくまる

閑話 昴の休日2

 午後、それは日差しが最も強い時間。
 紫外線の天国である。

「というわけで、日焼け止めを塗ってアームカバーをするか、日焼け止めも塗るか選んでください」
 開口一番、ミナがボクに2つの選択肢を提示した。
 
 1つ目はアームカバー。
 紫外線から肌を守る効果があるかは不明だけど、一定の効果はあるようだ。
 日焼け対策に良く装着されている。

 2つ目はUVカットの日焼け止め。
 言わずと知れた夏のお供の1つ。
 
 前者は日焼け止めも追加で使う。
 後者は日焼け止めのみだ。
 ボクとしてはどっちでも構わないわけで、暑くなければいい。

「じゃあ、日焼け止めのみで」
 ボクは早速暑くなさそうな方を選択した。
 当たり前だ。
 これ以上装備品を増やしてたまるか!!

「はい、じゃあアームカバーと日焼け止めに決定。日傘も追加で」
 ボクの選択などもはや聞かれてすらいなかった。
 最初から答え決まってたんじゃないか!

「それ、選択肢与えられた意味ないんじゃない?」
 ボクはとりあえず抗議する。
 結果は分かり切ってるとしてもだ。

「日焼け止め『も』としか言ってないよ? お姉ちゃん」
「!?」
 前者は日焼け止めを塗ってアームカバーをするかだが、後者は日焼け止め『も』塗るかとしか聞かれていない。
 これは、間違いない。

「答えありきのひっかけ……」
「正解。どっちにしても日焼けなんてさせません。そうは言いつつも、今回はサマーワンピースを着てもらうので、一部は日焼けしてしまうかもしれないけど。それでも、完全露出する腕よりはマシです」
 そう言うと、さっそくボクは抵抗も許されずなすがままに脱がされるのだった。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「お姉ちゃん、少しは抵抗してもいいんじゃない?」
 一緒に外を歩いていると、ミナが小首を傾げながらそう聞いてきた。

「抵抗しても無意味だって、前回で理解したよ……。いくら抵抗してもすぽんと脱がされたじゃないか」
 何回か抵抗を試みたことはある。
 さすがに無抵抗で脱がされたりはしないからね。
 でも、不思議なことにいくら抵抗しても力負けしてしまうんだ。
 なんでだろう?

「お姉ちゃん、性別決まる前も非力だったけど、性別決まっても変わらず非力だよね? 天狐ってそういうものなの?」
 ミナはとんでもないことを聞いてくる。
 ボクが非力だなんてありえない!
 ゲームの中ではすごく強いんだぞ!

「ゲームの中では強『それはゲームの中だからでしょ?』うぅ……、はい」
 ゲームと現実をごっちゃにしてはいけないと、なぜかボクが怒られる羽目になってしまった。
 ボク、一応姉なんだけど……。

「少しは強くならないと、体育とかつらいよ? 夕方とか一緒に少し鍛えようよ」
 どうやらミナの中ではボクの予定がすでに決まっているようだ。

「でも、妖種なのに何で非力なんだろう?」
 こればかりはボクにはさっぱりだ。
 お婆ちゃんを見る限りそんなことはない。
 まさか、ボクだけ?

「向こうでお婆ちゃんに会えたって言うなら、お婆ちゃんに聞いてみなよ。私まだ会えてないから早く会いたいなぁ」
 ゲームに入る時間はちょいちょいとあるのだが、その時ちょうど都合悪く、お婆ちゃんが召喚に応じてくれないのだ。
 お婆ちゃんは結構忙しい人みたいだから仕方ないのかもしれない。
 まぁ、今度聞いてみるかぁ。

「そういえばお姉ちゃん。胸ちょっと育った?」
 ミナがボクの胸元を見ながらそう言ってきた。
 あんなに大平原だったのに、そんなわけないじゃないか。

「気のせいだよ。この身体になってまだ10日程度だよ?」
 現在は8月11日だ。
 だいぶいい時期になってきてしまった。
 もうすぐ夏休みも終わってしまうなぁ……。

「ならちょっと確かめてみればいいじゃない」
 ミナはそう言うと、ボクの胸を指先でつっつく。

「ひゃうっ!?」
 突然の感覚にびっくりした。

「うんうん、ちょっとずつ成長してるね。来月くらいには丘くらいになるんじゃない?」
 マイボディードクター、ミナはそう診断した。
 ボクへの謝罪は一切なしである。

「ミ~ナ~? 一声かけてくれてもいいよねぇ?」
 さすがのボクもちょっとは怒る。

「あはは……。ごめんなさい。ほら、私のも触っていいからさ?」
 ミナが早速胸を突き出してくる。
 でもその光景はあまりにも危ないからダメだ。

「触らないよ! まったく」
 さすがに妹のをチェックするわけにはいかないので、お断りしておく。
 色々と問題があるからね。

「あっ、着いたよ。ショッピングモールの水着売り場」
 ミナが指さした先、そこには以前やって来たショッピングモールがあった。

「さぁ、いくよ! お姉ちゃんに似合う水着を選ぶんだからね!!」
 ミナは張り切っている。
 なんでそんなにボクを重視するのか……。

「ねぇ、ミナ」
「うん?」
 ボクが呼びかけると、ミナが振り向く。

「なんでそんなにボクをことを面倒見るの?」
 ボクがそう問いかけると、ミナは笑いながら――。

「そんなの当たり前じゃない。大切な大好きなお姉ちゃんのためだから、女の子の先輩として世話を焼くんだよ」
 ミナはやんわり微笑んでそう言い切った。

「アルケニアオンライン~昴のVRMMOゲームライフ。冒険生産なんでも楽しみます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • ナナシ

    どんどん女の子になってるなぁ

    1
コメントを書く