話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アルケニアオンライン~昴のVRMMOゲームライフ。冒険生産なんでも楽しみます。

じゃくまる

第9話 種族の選択と能力の関係


================================
 名前:スピカ
 年齢:12歳
 種族:人間族(デミゴッド)
 性別:
 職業:道士見習い
 所属パーティ:
 所属クラン:
 登録ギルド:メルヴェイユ冒険者ギルド
 冒険者ランク:F

 レベル:7
 HP:31
 MP:70
 SP:66

 筋力:8
 耐久:9
 俊敏:7
 魔力:7

 所持スキル:
 ■武器マスタリー
 【短剣マスタリー:ランク4】【スタッフマスタリー:ランク3】
 ■防具マスタリー
 【ローブマスタリー:ランク4】
 ■知識
 【薬師の知識:ランク3】【彫金の知識:ランク3】【鍛治の知識:ランク4】【木工の知識:ランク3】【鑑定:ランク3】
 ■攻撃術
   ■符術
  【炎符:ランク5】【雷符:ランク5】【氷符:ランク5】【水符:ランク4】【風符:ランク4】【土符:ランク4】
 ■術合成
  【符術合成:ランク2】

 ■所持中の加護・権能
  ■加護
  【女神の加護】
  ■権能
  【半神の権能】
 ■効果中デバフ
  【心身の乖離】
   力と体力の上昇率が著しく低下する。
   心と体の状態が合っていない時に発生する。
================================
 ※運の補正によりクリティカル確率が上昇。
 ※レベル7に上がったことにより、取得されたデバフがあります。
 ※レベル上昇によりデバフの効果が確認できるようになりました。
================================

 どう見てもHPの伸びが悪い。
 即死できるレベルなんじゃないだろうか……。

 しばらくして合流地点に辿りついたボク達は、アーク兄のフレンドのパーティーを見つけることが出来た。

「いやぁ~、参ったね! あんなに猪多いとは思わなかったよ。ウルフに追い立てられていたみたいだから、下手すればあたし達がやられてたかもしれないよ」
 アーク兄のフレンドのパーティーは、女性3人からなるパーティーだった。

 猪を倒して一息ついたところで、ウルフの群れに襲われていたので、協力して倒したのだ。

「でも、おかげで依頼達成出来たし、本当にありがとね、アークトゥルス」
 リーダーは茶色の髪をしたミディアムボブヘアの女性だ。

 年齢はアーク兄と同じくらいに感じる。
 
「あほ、あんなの普通なら死んでたぞ? ゲームだからって無茶するな!」
 珍しくアーク兄が怒っているけど、それは仕方ないのかもしれない。

 なぜなら、アーク兄は家族や仲間を大事にしているからだ。

「ふふ、ありがとね。リーンもお礼言わなきゃ!」
 リーンと呼ばれた女性が前に出てきた。

「アーク君、ありがとう。カレンはもう少しアーク君を見習うべきだよ」
 金髪碧眼のロングヘアの似合う可愛らしい女性だ。

 話しぶりからして、アーク兄の知り合いなんだろうけど。

「お前らコンビはもうちょっとお互いの欠点補えよな? 仲良いんだから協力出来るだろ?」
「アーク君、学校でも同じこと言うよね?」
「一匹狼のアークトゥルスの言うセリフじゃない気がするけどなぁ?」
 どうやらリーンさんとカレンさんはアーク兄のリアルの知り合いのようだ。

「あっ、紹介するね? こっち、私の妹のコノハ。弓術師やってるんだよ?」
 リーンさんが紹介した女の子は、リーンさんと同じ色の髪と目をした小柄な女の子だった。
 リーンさんを小さくした感じかな?

「おう、よろしくな、コノハちゃん」
「よ、よろしく、おねがいします」
 もじもじとしながら、コノハさんはアーク兄に挨拶をしていた。

 なんだか小動物みたいだ。

「ねぇ、アーク君、あの女性は誰?」
 リーンさんが指し示した方向には、アニスさんがいた。

「あはは、アーク君達とクエストをしにきた冒険者ギルドの受付嬢のアニスです、よろしくね」
 アニスさんは愛嬌のある笑顔で、カレンさん達に挨拶をしている。

 猫獣人族の女性の笑顔はすごく可愛らしいと思うな。

「よろしくね!」
「よろしく!」
「よろしくお願いします」
 アニスさんは早速女性陣の中に紛れ込むと、何やら話し始めてしまった。

 こっちのクエストも達成してるから、あとは帰るだけだからいいけどね?

「ねぇ、アーク兄」
「ん~? どうした~? スピカ」
「アーク兄の友達は結構これやってるの?」
 アーク兄とその友人がここにいるということは、他にもやってる人がいるんじゃないかな?

「あぁ、いるぞ? 時たま一緒にやったりしてるしな。今度スピカにも紹介してやるよ」
 アーク兄はそう言うと、ボクの頭を優しく撫でさすった。

「アーク兄、くすぐったいよ。もう」
 嫌じゃないけど、くすぐったいのは困る。

「ねぇ、その子誰?」
 リーンさんがボクを指さしてアーク兄に質問した。

 そういえば、アニスさんの流れで紹介し忘れてた!

「あぁ、うちの家族のスピカだ。愛でてもいいけどあげないぞ?」
「あはは……」
 アーク兄はにっこりと微笑みながらそう言い放った。

 なんだか照れるからやめてほしいな。

「へぇ~? 可愛い子ね? 弟? それとも妹?」
 さぁ、正解はどっちでしょうか?

 残念、ボクにもわかりませんでした。

「女装させてみるのもありじゃない?」
「あ~、いいねいいね! あとでやってみようよ!」
 リーンさんとカレンさんが何やら怪しい目つきでこっちを見ている。

 ここはスタコラサッサだよ!!

「こら、スピカ。何逃げてんだ? もう帰るだけなんだから、大人しくしてろ」
 しまった、アーク兄に捕まってしまった!!

「スピカ……ちゃん?」
 コノハさんがなぜかボクをちゃん付けで呼ぶ。

「なにゆえ急にちゃん付けを……」
「友達、なろ?」
 コノハさんはそう言うと、ボクにフレンド申請を飛ばしてきた。

 なんか突然すぎるけど、断る理由もないし、ここは受けておくことにしよう。

「ありがとう、よろしくね」
「ん。よろしく」
 こうしてボクの友達がまた一人増えたのだった。

「ねぇ、アーク君、スピカちゃんって何年生なの? コノハは小学四年生だけど」
「スピカは中学一年生だぞ? ちゃん付けもいいけど、ほどほどにな?」
 そんなとりとめない話をしながら、ボク達はメルヴェイユへと戻っていった。

 今日はなんだかすごく忙しかったけど、友達が増えたのは少しうれしいな。

「アルケニアオンライン~昴のVRMMOゲームライフ。冒険生産なんでも楽しみます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く