話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君へ

UKA

君へ

君へ

こんな手紙を書くなんて初めてだね
ちょっと照れるかも
でも今日は私の気持ちをきちんと伝えるために書きました
読んでくれると嬉しいな

君とは小さい頃から隣にいることが当たり前で離れることなんて考えられなかった
だけど私達も成長して大人になってきた今
それぞれの道に進まないといけないことを知った
君は頭がいいから良い大学に行くだろうけど私は一緒に行けないかも

君は優しいし気配りもできてオマケにイケメン
どこのマンガの主人公ですかって思ったことも何回もあったんだよ
そんな君は中学生になり始めてから急に女子の注目の的になった
私の方が先に知っていたのに
なんであの人たちは君のことを知っているかのように君のことを自慢するんだろってたくさん思っていた
そして私は君に近づきすぎとやっかみにあった
だけど君が守ってくれた
その時に私は君の特別になりたいと思ったの
君が「俺の大事な人」と言ってくれたから
私を守る時の顔がとてもかっこよかったから
その後も何回か同じ目に合うことがあったけど
君が守ってくれた
私を心配してくれた
そして私はやっぱり好きだな特別になりたいなと思ったの
こんなことでって君は思うかもしれないけど
好きになっちゃんたんだからしょうがないじゃん

私は君の特別になれる存在なのかな
君のことはよく知っているから好きなタイプとかもよく分かっているから
それに近づけるよう努力していたの気づいてた?
まぁ、大事なところが鈍い君は気づいてないかもね
私達は距離が近すぎちゃったのかな
君には私は女として映ってないかもしれない
だけどこれを読んで1度でいいから意識して欲しいな
だけど私はこの幼なじみという関係も好きだから壊したくない
ごめんねワガママで
だけど君が好きなの
好きで好きで仕方がないの
君の瞳に1秒でも長く映っていたいの

止まらなくなりそうだからこれぐらいで止めるね
返事はいつでもいいからね
待ってる
読んでくれてありがとう

「君へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く