神たちは自重する気はないそうです

UKA

プロローグ

「ねむっ。」
自分のスマホを見ると七時十五分。
俺はため息をつきながら着替え始め、朝食をすませると七時四十五分。
「はぁ、行くか。」
玄関で靴を履き、いつもの黒いヘッドホンを装着しいつもの道を歩いていく。


俺が信号の交差点が赤に変わり止まっていると目の端に仲良く話している親子が見えた。
俺もあんな時期があったのかな。
そうな風に考えていると急に叫び声が聞こえた。
俺は声の方を見るとさっき見た親子の親の方が叫んでいた。
見ると少女は風に吹かれバランスを崩したのか道路に飛び出していた。
しかも、そのすぐ後ろには車が走ってきていた。
「いやー!!」
俺はその言葉を聞いた瞬間走り出していた。
理由は分からないが何故か助けなければと思ったのだ。
間に合え!
俺は今まで出したことのないような速さで少女のところに行き少女を抱きかかえると怪我をしないように親の方になげる。
「はやく! あなたも!」
「走れ!」
そんな声が聞こえ横を見ると目の前に車がいた。
俺はたくさんの人々が叫ぶなか
これで俺の人生が終わるんだな
思ったより呆気なかったな
そう思いながら意識を手放した。

「神たちは自重する気はないそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く