話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕は過ちを正すため、過去に飛んだ。

黒山羊

一章17話一縷の希望

「おーいい天気だ」

 隼人は大財閥の息子でありながら質素なアパートでひとり暮らしをしている謙虚な性格をしていた。もちろん、博打などという行為は今までは絶対にしないような性格だった。

「今日は博打と言われようが犯罪だと言われようが、どんな手でも使って証拠を見つけ出してやる。」

 隼人は朝、その覚悟を胸に家を出て深く深呼吸をする。

~昨日~

 吹雪から拒絶をされた隼人。その時は東山財閥のことを諦めようかとカッとする頭の中で考えた。
 しかし、昨日の夜。夢の中で以前の自分の夢を見た。

「社長。おはようございます」

「企画書ができました。今度の会議で議題にしてはいただけないでしょうか?」

 俺が作り上げた偽善の世界。無視して無視し続けて作ったそんな世界で俺は。

 ただ、意味のない日々を淡々と生きていた。

 代わり映えのない生活。家族も友達もいない。いるのは自分の部下だけ。自分の弟もその子供も、自分が社長になるためにみんなみんな蹴落としてきた。
 彼らの人生を地のそこに落として、自分はのうのうと社員を引っ張っていく立場で見ていた。

 本当に後悔以外の言葉は出てこなかった。

「死にたくなかった」

 誰かがこうつぶやいた。隼人の声ではない。これはもっと、別のなにかだ。もしかしたら、生あるものの声ではないのかもしれない。俺に助けを求めている未来の吹雪たちの声なのか?その怨霊が俺に言っているのだろうか?
 
 「お前はなんのためにこの世界に戻ってきたんだ」
 この言葉だけが隼人の夢の真っ暗な空間の中で何度も木霊する。

「お、俺が過去に来た理由は」

 隼人は葛藤をしていた。自分では、吹雪の信用を勝ち取れる自信がないからだ。もしかしたら隼人自身が事件の容疑者と言われて捕まる可能性がある。そうなった瞬間事件の決行はほぼ決まりのようなものである。

 詰みというものだ。犯人のことは愚か、事件の動機さえ思い出せない。
 
 隼人の中には諦めという言葉しか浮かばなかった。

【暑いよ!痛いよ!お父さん!仁君!助けてぇ】

「誰の声だ」

 一度聞いたことのある声。これは、早希とデートしているときに聞こえた声。崩れ落ちた岩が当たって貫かれた体からはおびただしいほどの血が流れていた。
 苦しみと死への恐怖が伝わってきた。
 
 仁君というのは彼氏の名前なのだろうか?死ぬ直前に彼氏の名前を呼んだのか…

 隼人はそう思った瞬間涙がこぼれそうになる。誰にも一つしかないその生命。捨てたくなかったはずできっと、この彼氏とももっと一緒にいたかったんだろうなという気持ちがわかるからこその涙だった。

「…ん、仁?」

 そんな時だった。隼人は彼氏であろう男の人という名前に引っかかった。

【吹雪おぼっちゃまと、お客人様。お茶菓子をお持ちしました】

「…あ、」

 隼人は気づいた。東山財閥にいた吹雪と仲の悪い執事であった男の名前が

【うっせぇーぞ仁!お前が持ってるものはドアの外に置いとけ!】

 仁、であったことを。

 彼のもとに行けば、事件のことが少し分かるかもしれない。

 隼人はそんな考えを持ち、彼から何かしらの情報を落とせるかもしれないという一縷(いちる)ののぞみにかけて見ることにしたのだ。

~今日~

「さて、まずはあの執事にどうやって接触するかだな」

 隼人の行動の意味は自身の暗き、過ちの多し過去を変えること。もう、後悔のしないようなそんな人生を送ること。
 そのために今日も明日も彼は頑張るのだ。

 今、その大きな一歩を彼はまた踏み出したのだ。

「僕は過ちを正すため、過去に飛んだ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く