話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

鬼の魔法使いは秘密主義

瀬戸暁斗

敵対

 20年前、如月が6歳になった時、彼が初めて受けることとなる魔法実験が決まった。
 彼は最後の実験体だったので、魔法が使えるようになってから行うように計画されていたのだ。

 この頃は「異例者」の元へ行くのは、如月1人となっていた。
 1680号は実験の効果で寝たままの日が多くなり、起きるとまた実験という風に外に抜け出す時間も無くなっていたのだ。

 そんな日々が続き、ついに如月が実験を受ける日の前日となり、人生の転機となる事件が起きた。
 







 草木も眠る丑三つ時。
 静かな実験施設に、けたたましい警報音が鳴り響いた。
 如月が目覚めると、赤い非常灯が通路で光っていた。

「何が起こってるの?」

 如月は呟いた。
 窓から外を見てみると、建物から火の手があがっていた。
 危険を感じた彼は、眠っている1680号を起こそうと肩を揺さぶった。

「ねえねえ! 起きて!」

 何度か揺さぶると、彼は目を開けた。

「何か変だよ! 早く誰かのところに行こう!」

 1680号はその言葉を聞いた瞬間目を見開いたが、すぐに力なく目を閉じた。

「ごめんね。僕は行けないみたいだ」

「どうして!」

「体が、動かないんだ……」

 1680号は前日に実験を受けていて、その副作用により体の自由を奪われていたのだ。

「そんな……。じゃあどうしたら……」

 如月はしゃがみこんで頭を抱えた。
 1680号と如月の体格差では、動けない1680号を持ち上げるのは難しいかったからだ。

「僕の事はいいから早く行って」

「…… 誰か呼んでくるから!」

 如月はそう言い残して、人を探して部屋を出て走りだした。

 彼は、薄暗い廊下を懸命に走っていた。
 向かうのは唯一の頼れる男、「異例者」のもとである。
 彼が「異例者」のいるあの場所までもう一つ角を曲がれば到着するという所まで来た時、絶望的な光景を目の当たりにした。
 あたりは火の海と化していたのだ。

「そんな……。『異例者』さんは……」

 望みが絶たれた如月は、思わず膝から崩れ落ちた。
 そんな彼はあまりにも周りが見えていなかった。
 火の手が回り、逃げ道が塞がれてしまっていたのだ。

「はっ! 火がこんなに!」

 周りにの様子にようやく気付いた彼は、この状況を打破しようと考えを巡らせた。

「早く火を消さないと! 『水生成アクア・ジェネレーション』!」

 魔法を発動させようと突き出した右手からは何も起こらなかった。

「何でできないの? いつもならできてるのに!」

 彼の服には、特殊な細工が施されてある。
 魔法の練習をする部屋に入った時にだけ、服が補助装置となるような設計になっていたのだ。
 未熟な彼では、まだ補助装置なしでは魔法を発動させることはできない。

「くそ! 出て、出てよ!」

 懸命に魔法を発動させようとする如月だったが、やはり何も起こらない。
 そして、彼の頭上で大きな音が響いた。

「……」

 彼は上を見たまま動けなかった。
 天井に大きなひびが次々と入っていったのだ。

 次の瞬間、天井が崩れて彼の上へと瓦礫が大量に落ちてきた。
 それが彼の見た、実験施設内での最後の光景となった。








「そして結城家に助けられ、引き取られる事になった、と」

「……どうして僕の事をそこまで……」

 唖然とした顔で如月は尋ねた。

「お前と1680号だけは、こんな俺でも頼ってくれていたからな」

「『異例者』さん……」

「お前だけでも生きていてよかった」

「『お前だけ』? そんな、まさか1680号は……」

「わからない。生きているとも死んでしまったとも」

 男は力なく首を横に振った。
 ここまで話したところで、如月はここへ来た目的を思い出した。

「1680号の事は残念ですが、なぜあなたがここにいるんですか? 何の為に?」

「そうだな。あの闇斎家に復讐をするためだ」

「闇斎……」

「あの家を潰そうと思えば、今の日本の魔法情勢を変える必要がある。それくらい奴らの力は大きい」

「……」

 如月は黙って聞いていた。

「だからお前にも手伝ってほしい。お前の力が必要なんだ」

「何を起こすつもりですか?」

 如月は静かに尋ねた。

「この国の魔法の基盤は、魔法高校、大学にある。まずはそこから潰す」

「潰すって……その中には闇斎家とは無関係の人もいますが」

「魔法に携わっている以上、そいつらも標的だ」

「そうですか……」

 男の考えを聞き、俯いた如月だったが決心し言い放った。

「悪いですが、その話には乗れません。僕には無関係の人を傷つける事は出来ないし、主人を危険に晒すことも出来ません」

「そうか……。それは残念だ」

「ぐふっ!」

 如月は腹部に激しい痛みを感じ、倒れた。
 彼が意識を失う前に見たのは、自分の腹を貫く黒い触手と薄ら笑いを浮かべる男の姿だった。

「鬼の魔法使いは秘密主義」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く