話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

領地運営は突然に11

ブランはこのガリアにとって無くてはならない存在だ。

俺はブランと話をしている内に、そう感じる様になっていた。

先程まではその雰囲気とこれまでの行動の理由が分からなかった事から彼の事を誤解していた。
しかしその理由が分かった今、彼の先見性と行動力は絶対に欠かす事の出来ない部分だと思い知らされたのだ。

「大変有難いお誘いですが、1つ問題があります。本来ギルドとは行政から独立した組織であるべきです。それによってギルドの冒険者達が政治に利用されるのを防げますから。
そして私はギルド長という立場にあります。その私がこのガリアの運営に関わるとなるとそのスタンスが揺らぐ事になってしまいます。」

確かにブランの言う通りだ。

ブランに陣営に加わってもらうという事はギルドそのものが俺達の下部組織となってしまう事を意味する。

それはガリアにとってもギルドにとっても決して良い形ではない。

ギルドの独立を維持したまま、ブランの意見を聞く事の出来る体制、そう考えながら俺は1つの形へ辿り着く。

「民主主義を取り入れようと思うんですが、どうでしょうか?」

「民主主義とは?」

やはり此方の世界では馴染みがないらしい。しかし俺はその体制の事をよく知っている。元いた世界で最もスタンダードな国家の体制だからだ。

「えぇ、俺が前にいた世界では、代表者を選挙という国民の投票によって決めるんです。そしてその選挙に立候補するのは誰でも自由なんですよ。要は誰でもその国の代表になれるという事です。そして代表になった者達はみんなで集まって国の方向を決めていきます。そういう体制を民主主義と呼ぶんです。」

「なるほどそれは面白い。しかしその為には少し問題が多いかも知れません。
この世界の者は大半が生きる為に生きて来た者達です。
勉学を行って来た者など殆どいない。
国のあり方や方向を決める為には、それなりの知識と情報が必要となります。
ですので、現時点で民主主義とやらを導入したところで上手く機能しない様に思いますが。」

ブランが言う事はもっともだ。

民主主義は国民の意思に左右される。裏を返せば国民が間違った方向へ靡けば、否応無くその渦に飲み込まれるという側面があるのだ。

それを無くす為には、国民達も知識や情報を学び、しっかりとした考え方を持たなくてはいけないのだ。

その為の解決策として1つの解決策が頭に浮かぶ。

「一応解決策はあるんですが、少し皆で検討する必要があると思います。これから皆を集めるので、宜しければブランさんも参加して頂けませんか?」

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • imosama

    まだ未読ですが主人公最強のタグが無い様ですが主人公最強では無いんですか?

    0
コメントを書く