話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

領地運営は突然に②

取り敢えず山の方へ放てば人もいないし平気だろ。

そう思って10km程離れた山へ向かい詠唱を唱え始める。

「爆炎の風 全てを飲み込むかの如く 我の力の全てをもって 炎と風の神々と  その契約者たる 我が意に従い 我の敵を滅ぼす為 ここにその力の限りをもって 全ての物を吹き飛ばせ」

唱え終わった瞬間、山の頂に巨大な魔法陣が登場し、高さ5〜60m程のキノコ雲と共に大爆発を引き起こす。

やっちまった。

皆に良いところを見せようとした結果、さっきまで目の前に聳えていた山が跡形も無く消し飛んでしまった。

10kmは離れているにも関わらず、ここまで爆風が届いて来る。

馬車の中でさっきまで囃し立てていた連中は他人事の様にドン引きしている。

キラキラした期待の眼差しを向けていた婚約者も俺から目を逸らし知らんふりをしている。

こいつら罪を全部俺に被せる気だな。

まったく、この世に信じられる奴なんていないのか。

その後、先程起こった爆発のせいで猛獣達が麓まで逃げて来て、やたらと遭遇する事になってしまった。

まぁ何匹出てこようが相手にはならないので、特に脅威になる事はないのだが、俺のせいで住処を追われて逃げて来た魔獣を倒す度、俺の心は深く傷付いていった。

俺は心の中で泣きながら魔獣達の冥福を祈ったのだった。

そんなこんなでようやく俺達はガリアへ到着する。

先に到着していたキールから爆発に巻き込まれなかったかと心配され、再び俺の心が抉られた事は俺だけの秘密である。

因みにリンはあの爆発は俺の仕業だと気付いていたらしく、少し白い目で見られてしまった。

何はともあれ、いよいよガリアでの生活が幕を開けるのであった。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く