話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

〜閑話〜ロマンスは突然に②

少年達が去って行った後、彼は少年に対してこう言った。

「助かったのは今回だけだ。あいつらはまたお前を狙う。でもその時俺はもういない。助けが無い状況で自分が助かるにはどうしたらいいか考えろ。弱いからって諦めんな。弱いなりにあいつらに勝つ方法ならいくらでもある。それをちゃんと考えるんだ。いいな?」

少年は彼にお礼を言って立ち去る。

面白いと思った。

弱いなりに勝つ方法を考える、か。

幼い頃から身寄りが無く、1人で生きていかなければならなかった彼だからこその考えなのだろう。

今私達が直面している問題と合致する。

イリス様はこれを分かってて彼を調べる様に言ったのか。

そう考え、イリス様に報告をする。

しかし、イリス様に教えられた理由はそれだけではなかった。

本当の理由は彼にとってとても残酷なものだった。

その後、転生させる事を決め、イリス様に彼の身体を作ってもらう。
なんかイリス様は、初めて私が気に入った男の人だとか言って盛り上がっていたがその真意はよく分からなかった。

そして運命の日。

彼は殺され、私達の元へ来た。

知らない世界へ連れて来られ、人間を救ってくれと頼まれたにも関わらず、彼はすんなりそれを受け入れる。

ますます面白い。

そう思った。そしてそう思えば思う程、彼への興味は高まった。

しかし別れは突然に訪れる。

彼の規格外の力故、私では彼の力を伸ばし切れない。

そう考え、イリス様へ指導をお願いする。
今後人間達にとって切り札となるお方。
別れるのは惜しいが、私の私情で人間達を危険に晒す訳にはいかない。

何故別れるのが惜しいと思ったのかはこの時の私には分からなかった。

ただ彼に会えない間に準備は整えておこう。そう思い、協力者を見つけ今後のプランを考える。

彼の事を考えない日は無かった。

何をするにも彼の為にという事が前提となっている。

イリス様に定期報告をする時、彼の状況を聞くのが楽しみだった。彼は頑張っている。だから私も頑張らないと。そう思う様になっていた。

だから気付いた。

私は彼の事が好きなのだと。

これからは彼と共に歩んで行きたいと思っていると。

その事をイリス様に相談した時、何故かやれやれという感じだった。
でも私が彼に付き添うことを快く許可してくれた。

彼の名前はワタル・アカギ。

転生者で、女神様の弟子で、私の大切な人である。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く