話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

〜閑話〜ロマンスは突然に①

私が彼を最初に見たのは2年前、彼がとある事件で命を落とし、今いるこの世界に転生してくる1年前だった。

彼の調査を始める様になったのは、私の主人である女神イリスからの指示があったからだ。

理由は特に分からない。

しかし私にとって理由などどうでも良かった。ご主人様からの指示。私にはこれ以上の行動理由など無いからだ。

対象の男性はどこにでもいる普通の男。

特筆した能力がある訳でも、決断力がある訳でもない。

朝目を覚まし、仕事へ行き、家に帰り、また眠りにつく。

そんな毎日をただ漠然と過ごすだけの毎日。

「どうしてイリス様はあの男を調査する様に言われたのかしら?」

普通なら持つ筈のない感情。

ご主人様がやれと言うからやる、それだけで十分な筈だった。

しかしこの男を見ていると、どうしてもそう思わずにはいられなかった。

それ程までに何も無い。

しかしある出来事をきっかけにその考えは一変する。

ある日、彼はいつもの様に仕事へ向かっていた。
今日もいつもと同じ1日が始まる。
そう思っていた矢先、事件は起きる。

彼がいつも通う通勤路。その中に少しの間だけ人通りが極端に少ない路地がある。

そこで1人の少年が複数の少年達に絡まれていた。
所謂イジメというやつだ。

人間は自分より弱いと思う者に対し攻撃的になる生き物だ。
全員がそうという訳ではないが、大半の人間はその素養は持っていると思う。

この少年達もそうした人間と同じなのだ。

目の前の少年が弱いと見るや、集団で彼を追い詰める。

「おい、金は持ってきたのか?」

「す、すいません。10万なんて金用意できません。」

「用意できませんじゃねぇよ。痛い目を見なきゃ分かんねぇのか?」

そう言って少年達の内の1人が暴力を振るおうとしたちょうどその時、彼が現れる。

「おい、その辺でやめとけ。みっともねぇ真似してんじゃねぇよ。」

「あぁ?何だおっさん?関係ねぇ奴は引っ込んでろよ。正義の味方気取ってると、あんたも痛い目を見るぜ?」

「関係ねぇから止めに入ってんだ。後、俺はおっさんじゃねえ。いいか?お前らこの子が何も抵抗しねぇからいい気になってんだろうけど、この子が親や警察に言ったらどうなると思う?今の時点で〝暴行〟〝恐喝〟。この子が怪我したら〝傷害〟本当に金とっちまったら〝強盗〟。お前らがやってる事は立派な犯罪なの?分かるよな?」

「何言ってんだよ。そんなんでビビるとでも思ってんのかよ?意味分かんねぇ事言ってんじゃねぇよ。」

「ビビらなくても、意味が分からなくてもそうなるんだよ。法治国家舐めんなよ。お前らは確実に逮捕される。そうなったら学校は退学。10万なんて金で人生棒に振るつもりか?」

「うるせぇっ!黙ってろって言ってんだよ!」

「いいぜ。俺の事殴っても。でもそうなったら俺は遠慮なく警察へ通報する。お前らの人生なんて知ったこっちゃねぇからな。分かるか?お前らが助かる方法はもう2つしかねぇんだよ。
〝ここで止めるか〟〝俺達を殺すか〟だ。
まぁ俺達を殺した場合は殺人罪も追加だけどな。どうすんだ?まだ続けるか?」

そう言われて少年達は引き下がる。

意外だった。彼が少年を助けに入る事も、あんな手段で少年達を引き下がらせた事も。
その瞬間から私は彼から目が離せないでいた。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く