話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

領地開発は突然に17

「いいか?君達が俺達の動向を報告し、君達の上司が俺達を邪魔したとする。そしたらどうなる?
はい!ロベルト君!」

突然の指名に驚き、そして考える。

「ワタル様の理想としている世界の実現が遠退きます。」

「正解だ。俺の理想としている世界ってのは簡単に言うと誰も死なない世界だ。それが遠退くとはどういう事かな?
じゃあ次!カートン君!」

「わ、私ですか!?えっと、誰かが死ぬ?」

「その通り!君達が俺達の事を上に伝えれば伝える程、君達の死ぬリスクは高まるという訳だ。ここまではいいか?」

皆、コクリと頷く。
先程とは打って変わって緊張感が高まっている。

「じゃあ何で俺の理想の世界になったら誰も死なないかという事を説明しよう。」

そう言って俺は今後のプランを説明する。ここからは嘘ではなく、真実を説明する。まぁ俺が元異世界人だとか、女神の弟子だとか、天使が俺の事好きだとかは伏せておくが。

「確かにそれが実現出来れば魔族に対抗出来るかもしれない。」

「そうだな。でもその為にはガリアをなるべく早く復興し、人を集め、そして育てなければいけないな。」

こいつらは馬鹿じゃない。

今までは温室の中にいたせいで、その事へ意識が向かなかっただけだ。

だから少しそちらへ意識を向ける様に少しだけスパイスを加えた。

思いの外こいらが純情で効果が高くなり過ぎた感はあるが概ね期待通りの反応になった。

まぁ、最初は遊び半分だったんだけどな。
結果オーライという事で。

「どうだ?自分達に与えられた命令がどれだけ自分達にリスクがある事か分かって貰えたかな?」

「はい。しかし今後我々はどうすれば良いのでしょうか?報告しなかったらしなかったで怪しまれてしまいます。
そうなれば本国へ帰還させられ、今の立場を失ってしまいます。
どちらに従っても我々に明日など来ないという事になってしまいます。」

ようやくそれに気付いた様だ。

まぁここまで来れば疑心暗鬼の塊だからな。あちら側へ再度寝返る可能性は低いだろう。

「確かに報告しなかったらそうなるだろう。たが私は君達を見捨てたりなんかしない。ちゃんと策は考えているさ。」

「策とは?是非お聞かせ願いたい!」

ここで最後の仕上げを行う。

「あぁ、勿論だ。それはな・・・。」

これで、当面俺達の邪魔になる奴は居なくなるだろう。

まぁ彼らの上司である大臣達が、彼らが取り込まれた事を知るのも時間も問題だろうから、それまでの間に領地の体制を整えなければならないのだが。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く