話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

領地開発は突然に16

「ちょ、ちょっと待って下さい!そんな事聞いていません!我々は事務方として呼ばれたはずです!戦争に行くなんて聞いてない!」

「そうだ!私は剣の修行も魔法の修行もした事がない!魔族なんかと戦える訳ないだろ!」

などなど。

絵に描いた様な狼狽ぶりである。

こうなったら嘘を突き通す方が面白そうだ。

「やっぱり聞いていなかったのか。まぁそうだよな。貴族のお前達に死んで来いなんて言えないよな。
でも考えてみなよ。
俺達は5人しかいないんだぜ。そんな所に魔族が攻め込んで来たらあっという間に全滅だ。そしたら次は中にいる君達が狙われるのは必然だろ?」

まぁ実際そうなのだが。
ただし、ある程度なら俺1人でも守れるとは思うが。

「そんな所へ行くのに事務仕事だけな訳ないじゃないか。
まぁどうしても嫌なら君達が戦争へ行かなくて良くなる方へ領地を運営するしかないんじゃないか?」

一通り脅しといて助け舟を出す。詐欺師の常套手段である。

「何なのですか?それは?そんな事が可能なのですが?」

ほら釣れた。

しかも群集心理とは恐ろしいもので、こういう集団の状態で1人が良い方向へ行こうとしているとカケラでも思った瞬間、どんなに疑っていてもその流れに乗らずにはいられなくなるものなのだ。

「あるのなら教えて下さい。何でもします!」

「わ、私も!どんな事でも協力いたします故!」

「そうだ!死に行かせる様な上官はもう信用出来ん!私達は貴方様に付いて行きます!」

入れ食いである。

ていうかこいつら単純過ぎるだろ。

そんな訳で最後のトラップを仕掛ける。

「じゃあ聞くけど、君達は上官に俺達の動向を探って報告する様に言われているよな?何なら悪い方へ転ぶ様、仕掛けろって言われてる奴もいるんじゃないか?」

リンから上がってきた本当の情報を織り交ぜる。これで今までに俺が話した内容の真実味がグッと上がる訳だ。
最後の何か仕掛けろって部分は当てずっぽうだが、もし言われている奴がいれば更に効果が高まるし、彼らに対しての抑止力にもなる。言われた奴がいなかったとしても他の奴の事情など知らないだろうから嘘だとはバレない。
他部門の官僚が協力や意見交換なんて行うとも思えないしな。

「確かに私は貴方様の動向を探る様に言われました。」

「私もです。」

「私も。」

はい。一丁上がりである。

後はこいつらに俺の指示とそれを守れば良い方へ転がるという事を理論的に説明してやれば彼らは俺達の敵では無くなる訳だ。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く