話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

領地開発は突然に11

カシンとの話合いも一旦の区切りを迎えたので、再度アリシアを呼んで俺の考えを伝える。

「確かにワタルさんのおっしゃる通りかもしれないですね。畏まりました。全力で任務にあたらせて頂きます。」

アリシアも納得してくれた。

そうしていると、リンが調査から戻って来た。

「ただ今戻りました。官僚達の素性ですが、概ね把握する事が出来ました。」

やはりリンは仕事が早い。しかもこの前の戦闘でその精度は確認している。
やはり諜報担当は彼女に任せるのが好手だな。

「お疲れ様。じゃあ報告を聞かせてくれ。」

「はい。今回紹介された5名はいずれも貴族の者達です。全員キャリアはそれ程長くはないのですが、それぞれが今後を嘱望されている才能の持ち主で、将来の大臣候補ばかりみたいです。
そして皆ガリアの状況を担当の大臣へ逐一報告する様指示を受けています。」

これで確定的になったな。

この国は俺達を傀儡にしようとしている。

まぁ今のところ、冒険者の集まりが上手く領地を運営出来るなんて思ってもいないだろうから、程の良い盾くらいにしか思っていないだろうけどな。
実際の運営は本国の大臣達があの官僚達を使い行なっていくつもりなのだろう。

ガリアは交通の起点になっている重要な街だ。

魔族に侵略されても困るけど、素人に好き勝手にされても困る訳だ。

この国の大臣達の中でどの程度がそう思っているのは不明だ。
もしかしたらあの国王すらもそう思っている可能性すら現時点では捨てきれない。

「ありがとう。これでリンの報告のお陰で俺の腹は決まった。これから今後の方針と人事を伝えたいから、リン、戻って来て早々に申し訳ないんだが、キールをこの部屋へ呼んで来て貰えるかな?」

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く