話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

領地開発は突然に⑨

「俺はシャルゴンっていう長閑な村で生まれました。その村は工芸が盛んで、そこで育ったもんはみんな鍛冶屋か織物屋になるんです。俺も例に漏れず大人になって鍛冶屋になったんです。
毎日鍛治をしながら平和に暮らしてたんですけど、ある日突然魔族が攻めて来たんです。
職人しかおらへん小さな村やったからひとたまりもありませんでした。
俺のオトンやオカン、兄弟達も皆やられてしもうたんです。
俺はそん時隣の街に材料の買い出しに行ってたおかげで殺されんで済んだんですけど、戻った時は村が無茶苦茶にされてて、今思い出しても腑が煮えくりかえりますわ。
その後は元々腕っ節が強かった事もあって、用心棒みたいなことをしながら放浪してました。冒険者になったんはそん時ですわ。
でもソロの冒険者なんて効率の良いクエストが回って来る事なんて無いよって、生きてくために身を売って奴隷になったっちゅう訳です。
そんでその後姉さんに拾われて兄者に出会ったっちゅう訳ですわ。」

彼の性格からなのか、淡々と話をしているが、中々壮絶な人生だな。

「そうか。お前も大変だったんだな。」

俺の生きてきた世界でも、生まれた場所によって〝生きる〟ことの難易度が変わる。
貧困や戦争によって命を落とす危険が高い地域が存在するからだ。
この世界にはそこに種族の力の差という理不尽さがプラスされる。

弱い種族は強い種族に為す術なく淘汰されてしまう。

弱い種族達はその差を他の何かで補うことで必死に抵抗していた。

しかし、魔族に優秀な指導者が現れた事でそのパワーバランスは一気に崩壊した。
これも自然の摂理と言ってしまえばそれまでなのだが、何とか抵抗出来る内は抵抗したい。
人間達にとってその為のカードが俺であり、対魔族軍なのだろう。

ようやく本当の意味でアリシアの言っている事が理解出来た気がした。

今まで俺は何処か他人事の様に考えていた。いきなり送り込まれた世界でいきなり魔族と戦えと言われ、ある種ゲームをプレイしているのと同じ様な感覚で臨んでいた。

しかし今この瞬間も魔族は人間達を、他の種族を蹂躙する為の準備を行っているだろう。

それに対して今の時点で人間達は抵抗する手段を持っていない。

だから一刻も早く抵抗するカードとなり得る対魔族軍を作らなければならないのだ。

その為には使える力はとにかく使わなければならない。

誰かの思惑だとか策略だとかを気にして安全策を考えるのではなく、少々リスクは高くても最大の効果が上がる選択肢を選んで行く。
そうしないと魔族に対して取り返しのつかない決定的な差が出来てしまう。

「ありがとう。お前のお陰で考えが纏まったよ。」

カシンは何故自分がお礼を言われるのか理解出来ず困っている。

しかしカシンが話をしてくれたお陰でこの世界の実情を知る事が出来た。

俺達は魔族を倒す事を目的にするのではなく、人間を守る事を第一義に掲げなければならない。

その為の人事編成を考え、カシンに打診する。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く