話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

領地開発は突然に⑧

「カシンさんを呼んで参りました。」

アリシアがカシンを連れて戻って来た。
カシンはなぜ自分が呼ばれたのか分かっていないのか少しそわそわしている様子だ。

「なんか兄者から呼び出しって緊張しますね。何かあったんでっか?」

そう言いながら俺の前の椅子に腰掛ける。

「それでは私はこれで。何かございましたら遠慮なくお呼び下さい。
あ、何も無くても遠慮無くお呼び下さい。」

さっきはあんなに狼狽えていたくせにいつもの積極さが戻っている。
責められると弱いのかな?

「あぁ、ありがとう。何かあったら声かけるよ。」

俺がそう答えるとニコッと笑い部屋を後にした。

「さてカシン、ガリアの今後について話を聞きたいと思って来て貰ったんだが、お前とは中々こうやって話をする時間も無かったしな。
良ければ少しお前の事を聞かせてくれないか?勿論俺の事も気になる事があれば聞いてくれて構わないよ。」

考えてみれば、こちらへ来て短期間で事態が伸展したため、あまり会話をする時間がなかった。
今回は良いチャンスなので、これを機に彼らの人となりを知りたかった。

「確かにそうですね。俺もこの前のイリス様の件には驚かされました。兄者は違う世界の人やったんですよね?」

早速カシンが質問をしてくる。
やはりイリス様の件は気になっていた様だ。まぁそれはそうだろうな。
いきなり神様が登場してその神様と俺やアリシアが知り合いだったって、予想もしなかっただろうし。

「あぁ、そうだよ。前に住んでた世界で殺されてね。こっちの世界で生き返らせて貰ったんだ。今から1年程前になるよ。
アリシアとはその時に会ったんだ。」

「なるほど、でもこの前までは別々に動いてたんですよね?何でなんですか?」

俺は1年前にこちらの世界に来てからカシン達に出会う前までの事を説明した。

「女神様のお弟子さんやなんて、兄者が強い訳やわ。ホンマ会った時に教えて欲しかったわ。知ってたらあんな態度とりませんでしたのに。」

カシンは俺と最初に会った時、俺の実力に疑問を抱いていた。そして模擬戦での勝負をすることになったのだ。
結果は俺の圧勝。といっても自分の実力を見誤って過剰に身体強化を行ったが故なんだけど。

「ホンマ、あん時はすんませんでした!」

カシンが立ち上がって深々と頭を下げてきた。

「いや、気にして無いからいいよ、謝んなくて。」

「いや、やっぱりこういうのはキチンとしとかんと。兄者の一の子分としてのケジメですんで。」

そんなのにした覚えはない。

「いいから、座れよ。お前の話も聞かせてくれないか?」

そう言ってカシンを座らせ、彼の今までの事を聞き始める。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く