話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

領地開発は突然に⑥

「まずは人事だが、今回国王が紹介してきたメンツをどう思う?」

今後領地を運営していく上で誰を何処へ登用するかは生命線の1つと言っても過言じゃない。

俺達は元々ただの冒険者の集まりだ。

強いて言うなら兵士長をやっていたキールくらいしかマネジメントの経験は皆無である。

そんなメンバーで領地を運営し、いずれは魔族に対抗する軍団を作っていかなければならない。

今回国王から国の運営に関わっているメンツを紹介して貰った事は非常に有難いし元はこちらから頼んだことではある。
しかし素人集団の俺達は1つ間違えれば彼らに、延いては王国に飲み込まれかねない。

だから今回の人選はとてもシビアな問題なのだ。優秀だからみんなウエルカムという楽観的な考えは非常に危険だと俺は思っていた。

「そうですね。リンの調査の内容を見ないと何とも言えませんが、少し意図的な何かを感じますね。」

やはりアリシアも同じ感想の様だ。
そう思った次の瞬間、アリシアから意外な答えが返ってくる。

「でもくれると言うなら全員貰ってしまって良いのではないですか?」

まさかの返答に正直驚きを隠せなかった。

「全員?それは何でだ?」

全員雇ってしまえば、確実に業務は楽になるだろう。しかしそれは同時に王国の介入を易々と受け入れることと同義ではないのか。
俺はそう思い、アリシアに理由を確認する。

「今回王国が推薦して来たのは、財務、司法、国土、内務、外務の部門の方達でしたよね?これは領地の運営のほぼ全てに介入し、あわよくば領地の傀儡化を狙っているのでしょう。
しかし執行部にさえ絡ませなければそんな事容易には出来ません。
良くて情報を逐一把握し報告出来るくらいでしょう。
結局要の部分さえ任せなければ、王国は介入するにも限界があるという訳です。
それならば実務の部分を軽くする意味でも彼ら全員を受け入れるのがよろしいのかと。」

なるほど確かに一理ある。

「逆に質問をさせていただきたいのですがよろしいですか?
ワタルさんの中ではどの様に担当をお考えですか?」

そう質問され、今考えているそれぞれの配置をアリシアに説明した。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く