話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に28

あれが魔族最強?
まさか?
油断していたとはいえそんなに強い様には思えなかったぞ。

「不服そうだな。まぁそれもそうだろうな。だが事実だ。
お前をこちらの世界へ呼んだ時にアリシアから話があったと思うがお前の身体は我が作った物だ。その時ちょっとやる気を出し過ぎてしまってな。
ちょっと魔力量を多くし過ぎたんだよ。」

確かにそれはアリシアから聞いた。

確か魔族の50倍くらいの魔力量だったっけ。
でも先程の戦闘では魔法は身体強化しか使っていない。魔力操作はしっかりやったから俺の感覚では身体能力が魔族と同じくらいになっただけのはずだ。

魔族は人間に比べ身体能力が高いとされている。数値化する様なものではない為、正しい数値ではないかもしれないが、おおよそ1.5倍くらいだと言われている。

分かりやすい例を挙げれば、
100mを走るのが人類最速で9秒58に対し、6秒ちょっとで魔族は走る。
ベンチプレスの世界記録が500kgに対し、魔族は750kg上げる事が出来る。
あくまで仮定の計算ではあるがその位の力の差があるのだ。

身体強化は強くかけ過ぎると逆に効果が無くなってしまう。身体がその負荷に耐えられず壊れてしまうのだ。

だから俺は先程の戦闘時、様子を見るつもりで1.5倍程度になる様に魔力を調整した。

因みにカシンとの模擬戦の時は3倍程度になる様に調整した。
狼人族の方が魔族よりも身体能力は高い。
だからあの時は少し強めにかけたのだった。
イリス様との特訓で5倍までなら耐えられる事が分かっていたから。

「やはり分かっていない様だな。身体強化を自分なりに調整してかけたつもりなのだろうが、そもそもの前提条件が間違ってるんだよ。お前の魔力量はお前が思っているより遥かに多くなってるんだ。」

はい?どういう事だ?
魔力が多くなってる?

「私との特訓でお前が会得したのは何も魔力操作だけじゃないって事だ。
身体能力もかなり向上してるし、魔力量も多くなった。
正直成長していくお前を見てるのが楽しくてな。ついやり過ぎた。」

目の前で女神が、えへっ、やっちゃった!みたいな顔をしながら説明している。
まぁ厳しい特訓だったから上がっていても不思議ではないが。

「因みにどの位上がったんですか?」

先に教えておいて欲しかったよ、まったく。

「私の元へ来た時点より身体能力は倍近く、魔力量は正確ではないが10倍程度にはなってるはずだ。」

おいっ!それは言っとかないとダメだろ!
俺は自分でも知らない間にとんでもない化け物になってしまっていた。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く