話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に22

俺達は街から程近い高台の上に陣取った。
そこからリンとカシンが出撃し、間も無くしてそれぞれの所定の位置へ着く。

街は木で出来た高さ3m程の塀で囲われている。入口の部分だけが開いていて、リンの報告の通りオーガが2体門番として立っている。その隣に5m程の物見櫓があってこちらも報告通りゴブリンが2体周囲を警戒していた。

リンが物見櫓を制圧する為、素早くその下まで駆けて行く。
鉤縄を使い物見櫓で警戒しているゴブリン達の下まで迫ると、その後は一瞬だった。
物見櫓へ入った瞬間、まず1体目のゴブリンをボディーブローで悶絶させ、その間にもう1体の首のところへ強烈な蹴りを食らわせゴブリンの意識を飛ばす。最後に先程ボディーブローで悶絶させたゴブリンへも首に蹴りを入れ意識を飛ばして完了。何とも鮮やかの一言である。
物見櫓を制圧したリンはこちらへ向かい手を挙げて完了の合図を送る。

その合図を確認して間も無く、次にカシンの戦闘が始まる。
しかし始まったのも束の間、こちらも一緒でかたがつく。
得意の瞬歩でオーガとの間合いを一瞬で詰め、剣でオーガの喉元を切り裂く。
隣のオーガも気付かれた瞬間、瞬歩で距離を詰め同じ様に喉元を切り裂いた。
こちらも鮮やか。

オーガを倒したカシンがこちらへ合図を送る。

予想よりも遥かにあっさりと相手の防衛網を無力化出来た。

ここまでは作戦通り。いや寧ろ順調過ぎるくらいである。

そしていよいよ俺達の番である。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く