話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に20

俺以外の3人の得意な事は分かった。後は俺だな。しかし実はそれが1番難しかった。
なんせ1年前に始めて魔法を使い、その後はイリスと専ら身体強化魔法と魔力制御しかやってこなかったからだ。

座学の際、第10位階魔法までの基礎的な内容までは習っている。しかし実戦で使用した事はない。勿論イメージも出来ない為、無詠唱も出来ない。

(一通り生成する必要があるなぁ)

なので戦闘では接近戦なら火属性の第1位階魔法を無詠唱で使用して、ある程度時間が稼げればその時間に応じて段階を上げていく様にするしかないな。

まずは状況を見てそれに先程集めた情報を当てはめて作戦を考えるしかないな。

そうやって歩いている内に山を越え、目的のガリアに後少しの場所まで到着する。

「よし、まずはこの辺りで一旦ストップしよう。ひとまず情報が欲しいな。リン、偵察に行って来れるか?」

この中で最も小柄な上、足の速いリンに偵察をお願いする。

「も、勿論です!きっとお役に立ってみせます!」

少々イレ込み過ぎだな。

「大丈夫。無理はしなくていいからな。危ないと思ったら直ぐに戻って来い。」

「分かりました。頑張ります!」

本当に分かっているのか不安になる。
一応念の為、もう1回言っとくか。

「本当に分かってるな。お前の命以上に大事な情報なんて無いんだからな。それだけは忘れるなよ。」

そう言われて少し顔を赤らめるリン。

(ん?なんかマズイ事でも言ったかな?)

最後のはよく分からなかったが、走って偵察へ向かうリンの後ろ姿が見えなくなるまで無言で見送る。

リンが戻って来るまでの間、俺達は武器の手入れや防具の確認を行う。その間、バカ狼が昨日の夜俺がアリシアの部屋で何をしていたのか興味深々で聞いてきた。
狼人族は聴力が優れている為、俺がアリシアの部屋に入る音は聞こえたのだが、部屋の中の音までは聞くことが出来なかったらしい。

(こいつ案外油断出来ないな。)

そんな事をしながら15分程経った頃、リンが無事に帰って来た。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く