話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に18

次の日の朝、約束通り国王から装備一式が届けられた。

俺は通常の直剣より少し刃渡りの短い剣を2振りと軽くて動き易さに長けた鎧。

カシンは俺の物より刃渡りが長い直剣を1振りとこれまた動き易そうな鎧と額当て。

リンは小柄な体格に合った、程よい大きさの盾と丈夫そうな革の靴。

アリシアはとても高級そうな布で織られたローブと先端に大きな水晶のついた金属製の杖を1本。

昨日国王が言っていた言葉の通り、この国が持っている武具の中で最高峰の逸品を授けてくれたのだろう。

「これ買ったらいくらするんだろうな。」

思わず庶民の本音が漏れる。

しかし、これだけの武具を未だ目標を達成していない俺達に授けてくれる事からも国王の本気が伺える。

イリス様に唆されたとはいえ、自分の国の領地が奪われたのだ。それはそこに住んでいた人々は殺され、そこで育まれてきた思いは踏み躙られたことを意味する。
一国の長として当然その責任を感じ、誰よりも悲しんでいる証拠が俺達に渡された武具なのだろう。

「なんかこんなの貰っちゃったら成功させない訳にはいかなくなったな。」

俺のその発言に3人共笑って答える。

「それじゃ、皆んな準備出来たか?
よしっ!そんじゃ一丁やったりますか!」

「「「おぉーーーーっ!!!」」」

そうして俺達はガリアへ向かって出発した。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く