話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に16

その日は城へ泊まる事になった。

城の中にある客間が1人1部屋ずつ与えられるまさにVIP待遇である。

夕飯は皆集まり食堂でとった。食堂と言っても街の大衆食堂とは雲泥の差があり、豪華な装飾が施されたテーブルの上にはこれでもかと豪勢な料理が並んでいた。
更には各自に専用のウエイターが付き、料理を運んだり酒や飲み物を注いでくれた。

俺の目の前に座っていたカシンとリンはこれが最後の晩餐とばかりに猛烈な勢いで料理を腹に詰めていった。
特にリンはその小柄な身体の何処にそんな量が入るのかと思う程でウエイターも驚いていた。

食事が終わり各自部屋へ入った後、俺はアリシアの部屋へ向かった。

「アリシア、起きているか?」

ドアの外でそう尋ねるとアリシアがゆっくりとドアを開ける。

「そろそろ来られる頃だと思ってました。」

そう言ってアリシアは俺にお茶を出してくれる。

出されたお茶を口に入れた瞬間、口に入ったお茶は勢い良く俺の口から吹き出ていった。

「なんて格好してんだよ!!」

俺の目に入って来たアリシアは薄い透明なネグリジェを1枚とその下に下着しか身につけていなかったのである。

「あれ?似合いませんか?」

似合うとか似合わないとかそんな問題ではない。
普段ローブに身を包んでいても分かってしまう程のプロポーションを持つアリシアが、今はその形がハッキリと分かる格好をしている。
元の世界で『〇〇を殺すセーター』なる物がちょっとしたブームを巻き起こしていたが、目の前のそれはそんな物とは比べ物にならない程の破壊力を秘めている事は一目瞭然であった。
しかもドアを開けた時、俺が来る事を予測していた口振りだった事を思えば完全に確信犯である。

「取り敢えず服を着なさい。」

そう言って服を着る事を促す。このままでは話など出来ないからだ。

アリシアはつまらなさそうに上からガウンを羽織った。

それはそれで胸の谷間などを強調していて、目のやり場に困ってしまうのだが、さっきよりはマシになったのでいよいよ本題へ入る。

「何か俺に言う事は無いか?」

その問い掛けにアリシアは妖艶な笑みを浮かべ答え始める。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く