話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に14

「兄者、兄者と出会えた事はワイにとって一生の宝もんですわ。もし生き残ってもワイの事忘れんとって下さいね。」

「わ、私も皆さんに出会えて幸せでした。短い間でしたが、本当にありがとうございました。」

カシンとリンはこれでお別れとばかりに遺言の様な事を言い始める始末である。

「なぁアリシア、こんなクエスト受注してどういうつもりなんだ?」

俺は横で遠足へ行く子供の様に喜んでいるアリシアに尋ねる。

「達成可能と思ったから受注しただけですよ?
それよりクエスト開始前に王様から私達に激励を頂けるそうです。そろそろお城へ向かいませんと。」

楽観的なのか世間知らずなのか。
まぁ元々天界勤務の天使だからな。

まぁ受注しちゃったものは仕方がない。

もうこうなったら腹を決めて行くしかないか。

どの道魔族との戦いは将来的に避けられない。であれば今回のクエストは遅かれ早かれやらなければならない事なのだ。

そう思い、覚悟を決める。

「んじゃ、お城とやらに行ってみるか。」

城へはどうやら馬車で行くらしい。

ギルド前には王家の家紋が入った馬車が待機していた。

馬車に乗り込むと、まさに豪華絢爛を絵に描いた様な造りをしていた。

真っ赤な絨毯が敷かれていて、椅子は高級なソファーの様にフカフカである。
窓の周りは金で装飾されており、外から入る光を反射してキラキラしていた。

馬車の中ではカシンやリンからこの世界の事を色々と教えて貰った。

国々の勢力関係。人間と他の人種との関係。魔族の台頭について。様々な事を教えてくれた。

そうやって話をしながら約半日、王都へ到着したのは夜も更け始めた頃だった。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く