話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に11

俺の後ろで号泣しているバカ狼は無視して、俺は登録をする為カウンターへ向かう。
登録したいと伝えると受付のお姉さんが四角い透明な板を出してきた。
プラスチックでもガラスでもない見た事ない素材だ。

「ここに右手を置いて下さい。」

言われた通り、板に右手を置く。

すると突然板が光り出し、文字の様な物が浮かび始める。
10秒くらいその状態が続いて光りが収まる。

「はい。これで登録完了です。ではこちらをお持ち下さい。」

そう言ってお姉さんは首から下げるドッグタグの様な物を渡してくる。
プレートには先程の板に刻まれた物と同じ文字が刻印されている。

「これはあなたの身分を証明する大切な物です。決して無くさない様に気をつけて下さいね」

なるほどこのプレートの色は階級を表しているのか。俺に渡されたそれは白色をしている。恐らく刻印されているのは俺の名前とかだろう。

俺はそれを受け取ると待っている2人の元へ急いで戻る。

バカ狼はまだ俺の後ろで号泣している。
全くどんだけ嬉しかったんだよ。

俺達が戻るとウチの女性陣はガラの悪そうな男共に囲まれていた。

「ねぇ?パーティには入ってるの?良かったらウチのパーティに来ない?」

「名前なんて言うの?ご飯食べた?良かったら奢るけど。」

「君達可愛いね!俺達と一緒に来ない?」

ナンパである。
どの世界も男のする事なんて同じだなぁと思う。しかしやはりあの2人、この世界の基準でも美人なんだなぁ。そう考えるとなんか誇らしく思えて来る。
ただ当の2人は周りの男達など眼中にないといった感じでガン無視を決め込んでる。表情は〝無〟である。

確かに気持ちは分かるが同じ男の立場としてはもう少し愛想良くしてやって欲しい。これでは周りの男達が可愛そすぎる。
まさに虫以下の扱いである。

「おーい。終わったぞー。」

俺達の姿が目に入り、ようやく2人に表情が戻る。
それと同時に周りの男達はすごすごと退散していく。

「お疲れ様でした。無事に終わりましたか?」

アリシアが訪ねて来る。

「あぁ、次はパーティか。どうすれば良いんだ?」

「はい。では私に付いて来て下さい。」

そう言って先程とは違うカウンターへ向かう。後の2人も俺達に付いて来る。

次のカウンターは先程とは違い直ぐに受け付けて貰えた。
そしてすんなりパーティの登録を終え、これで名実共に俺達は仲間になった。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く