話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に⑨

全員の自己紹介も無事?に終わり、気を取りまして今後の方向性を話し合う。
俺の隣で寝ているバカ狼はそのまま放っておく。

「でもこれからどうするんだ?具体的なプランはあるのか?」

「まずはワタルさんに冒険者の登録をして頂きます。冒険者になれば今後の生活に役立つ事も多いですし、情報も手に入り易くなりますので。私達は全員冒険者登録を済ませてますので、ワタルさんの登録が済み次第、私達とパーティを組んで頂きます。」

冒険者とはこの街のギルドと呼ばれる団体のメンバーみたいなものらしい。
階級は5段階に分かれていて、上から金、銀、赤、黒、白となっている。
皆んなそれぞれカシンが赤、リンが黒、アリシアに至っては登録して1年しか経っていないにも関わらず銀等級だそうだ。
冒険者になればクエストを受注する事が出来る様になり、その難易度に応じて報酬と実績点が貰える。その実績点の累計で階級が決まるという訳だ。

「なるほどな。確かに今後の生活にも金が必要だしな。じゃあ早速登録しに行こう。」

そう言って席を立ち、店の親父に代金を支払う。俺は金を持っていないのでアリシアが全部まとめて支払ってくれた。

ノビているバカ狼はリンが担いでいる。

(さっき言ってた力持ちってのは本当なんだな。)

可愛らしい小柄なリンの肩に担がれている大柄な狼男の絵面はなんとも異質なものだった。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く