話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に⑦

「模擬戦は武器なしの素手で構わないかな?勿論魔法による体力強化は有りだ。」

「そんなん俺の方が有利になってまうで。亜人と人間やと身体能力には埋めようのない差があるんやから。負けた時の言い訳は考えといた方がええで。」

俺が素手での戦いを提案したのには理由がある。
相手が得意だと思っている内容で勝負した方が遺恨が残りにくいし、俺自身イリス以外と戦うのは初めてなので自分の実力を確認しときたかったからだ。

後、この世界の魔法の標準がまだよく分からないので力加減が難しいというのも理由の一つだった。

「お気遣いどうも。じゃあ早速始めようか。そっちから来て貰って構わないよ。」

俺は少しだけカシンを挑発してみる。自分の方が優位と考えている相手に上から来られたらどんな奴でもカチンと来るだろう。

「余裕なんは今の内やで。ほなお言葉に甘えて行かせて貰うで!」

予想通りである。

カシンは勢い良く、前方の俺に向かい突っ込んで来る。
確かにとんでもないスピードだ。普通の人間では認識する前に倒されてしまうだろう。
しかし俺はこの1年、こんなのと比にならない理不尽を相手にしてきた。
正直、この程度のスピードはスローモーションの様に見えてしまう。

(痛めつけても意味ないし、さっさと終わらせるか。)

そう思い、魔力で身体強化を行う。
身体強化は攻撃や防御に合わせて緻密な魔力操作が必要となる。
俺はこの1年の特訓により完璧とは言えないまでもある程度は使いこなせる様になっていた。

勢い良く向かってくるカシンを寸前で躱し、カシンの首筋目掛けて手刀を叩き込む。

その瞬間、カシンの意識は強制的に切り離される。

勝負は一瞬で決着した。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く