話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に⑤

街の入り口には関所の様な場所があり、門番の男が2人長い槍を持って立っていた。

その男達は一旦俺達を制止するが、アリシアの顔を確認すると直ぐに通行を許可してくれた。
どうやら顔見知りの様だ。

「知り合いなのか?」

「ええ。ずっとこの街を拠点に活動していましたので。大抵の方とはお知り合いになれました。」

なるほど。情報収集や仲間集めをする為には街の住人と仲良くなった方が効率も良いしな。

「これから会って頂く人達は私が天使という事も、あなたが転生者だという事も知りません。適当に話を合わせて下さいね。」

「分かった。」

急に不安になってくる。

俺は元の世界で暮らしていた時から人付き合いが得意な方ではなかった。
ましてや初対面の相手といきなり仲良くなどなった試しがない。

アリシアとイリスに関しては状況があまりに特殊な為、何の参考にもならない。

その上、自分の素性を上手く誤魔化すなど俺にとってはかなり高いハードルなのである。

そうこう思っている内に俺達は酒場の前に到着した。

「着きました。準備はいいですか?」

そう聞いたのも束の間、アリシアは酒場へと入って行く。

まぁ、なる様にしかならないか。

そう覚悟を決め、俺もアリシアの後に続く。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く