話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に③

「そうか。分かった。」

「何かあったんですか?」

アリシアと更新を終えたイリス様に尋ねる。

何やら神妙な表情をしている。

「魔族がまた一つ人間の国を落としたらしい。もうあまり悠長にはしていられないな。恐らく残された時間は後4〜5年程度だろう。彼方で戦いに備えた準備もしなければならないからそろそろ特訓は切り上げだな。」

どうやら状況が切迫してきたみたいだ。
まだまだ不安は残るが俺も腹を決めなきゃな。
そう覚悟を決めた時、イリス様が満を持してといった感じで俺に最後の特訓の内容を伝えてきた。

「もうある程度魔力操作は会得しただろうから、いよいよ最後の内容だ。ファイヤーボールを作れ。」

俺は言われた通りファイヤーボールの詠唱を唱える。
ファイヤーボールというのは俺が最初に覚えた火の第1位階魔法である。あの時は力の制御が出来ず5mもの巨大な火の玉を作ってしまったのだが、今では自由自在に大きさを調整出来る。

直径10cm程の小さなファイヤーボールが俺の右手から生成される。

「よし、じゃあ1度消滅させて、次は今やった過程をただ思い出して最後に魔法名だけを唱えてみろ。」

言われた通りに詠唱からファイヤーボールが出来るまでの過程をイメージする。
そして右手から生成されるイメージが出来たところで魔法名を唱える。

「ファイヤーボール!」

すると詠唱を行なっていないにも関わらず俺の右手からファイヤーボールが生成された。

「うん。なかなか上手いじゃないか!それが無詠唱と呼ばれる魔法の出し方だ。
これが出来る者は天界の者を除けばそう多くはない。かなりのアドバンテージになる筈だぞ。」

そう言って得意げな表情を見せるイリス様。

確かにこれは便利だな。
高い位階になればなるほど詠唱は長くなる訳だから効果も高くなる訳だ。

「これでお前には一通り教えた。自信を持って世界を救って来い!」

何とも急に終わりを迎えた為、心の準備もろくに出来てはいないが、この1年世話になった教官の一言で俺も覚悟を決める事が出来た。

「了解です!まぁこっちで安心して見てて下さい!今までありがとうございました!」

そうイリス様に伝えた途端、俺の身体は1年前俺が目を覚ましたあの場所へ戻っていた。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く