話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

ゴールドルーキーは突然に②

今日も派手にヤられたなぁ。

天界にある女神イリスの居城。
その一室で俺はこの1年、魔力操作の特訓を行なっている。

ここに居るのはイリス様と俺だけ。勿論側付きの天使達は居るのだが、アリシアの姿は何処にも無い。

アリシアはこの1年、俺が転生した世界の情勢を調べる為、あちらの世界に残っている。

「しかし、全然強くなってる実感が持てないんですけど、本当に強くなってるんですか?」

俺は目の前で従者から出された飲み物を飲んで寛いでいる女神に向かってそう尋ねた。

「まぁ私が相手だからな。魔力量には差がなくても魔力操作にかけてはお前とは年季が違う。でもお前もだいぶ強くなって来ているぞ。
そもそもお前の魔力量は人間としては異常だし、女神の私と比べても遜色無いって時点でかなり反則なんだ。
今お前に必要なのはその魔力量を抑え込む術であって、暴走させない事が本来の目的だ。
それについてはもう合格点と言っていいレベルだぞ。」

そうだった。
毎日このちびっ子女神にボコボコにされる内本来の目的を忘れて、ただこいつに一発だけお見舞いしてやりたいという気持ちが強くなってしまっていた。

確かに暴走させない程度ならもう十分に制御する事は出来るのだ。

「じゃあなんで未だに特訓を続けるんですか?」

魔力操作が出来ているのならいつまでも特訓をやっている程時間に余裕は無かった筈である。
元々俺が転生した理由は、人間が魔族に滅ぼされない様、魔族勢力の拡大を止める事だ。
こうしてる間にも魔族は勢力を拡大し続けているし、もし人間が滅びてしまえば元も子もなくなる。

「まぁ向こうの情勢はアリシアに見させているからな。もし人間に火急の危機が訪れたら直ぐに彼方へ送り込むつもりだったさ。
それに強くなって損な事は無いだろう?
お前と同じく規格外の奴が居ないとも限らないからな。」

まぁ確かに。強さに際限など無い訳だから、これで十分というものは無い。

俺より強い奴なんて幾らでもいるだろうし、今ここでやってる事が無駄な訳は無いのだ。

そう思った矢先、イリス様の元へアリシアから連絡が入る。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く