話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

戦闘訓練は突然に⑤

「それでは早速測定を始めましょうか。」

そう言ってアリシアは俺の後ろへ立つ。
昔から体力測定とか学力検査とかそういった類のものは苦手なのだ。
しかし測定しない事には対策も立てられないらしいので渋々魔力測定に同意する。

「では先程と同様に火の第1位階魔法を生成してみて下さい。生成中あなたのリミッターを解除しますが気にせず続けて下さいね。」

言われた通りに先程と同じ詠唱を唱える。
するとこれまた先程と同じ火の玉が俺の右手の上に完成する。
次の瞬間、アリシアが俺の首筋を触り出す。
突然の出来事に一気に集中が拡散してしまう。危うく火の玉を放り投げそうになってしまった。

「集中して下さい!そのまま魔力を注ぎ続けて!」

いや、無理だろ。こんな美人さんに触れられて平常心を保てる男などいるはずがない。
しかし今は本当に集中しなければ大惨事を招きかねない。
先程の威力を思い出し、もう一度集中する為意識を目の前の火の玉に向ける。

すると火の玉がみるみる内に大きなっていくではないか。

5m程の大きさでも既に大き過ぎると言われたのに、現在20mは優に超えている。しかもそれで止まる訳でもなく、まだまだ大きくなっていく。

ようやく火の玉の成長が止まった頃には火の玉は40m以上まで膨れ上がっていた。

後ろの方でアリシアが

「凄い。まさかこれ程とは。」

と言いながら唖然としているのが分かる。

「なぁ、これどうしたら良い?」

維持するのも疲れてきた。
しかしこんな代物落とした日には辺り一面焼け野原にしてしまう。
そう思いなんとか辛抱しているのだか、もうそろそろ限界である。

「ごめんなさい。ではその火の玉を右手で食べるイメージをしてみて下さい。」

右手で食べる?
なんとも難しい例えである。しかしもう限界なので何とか無理矢理イメージする。

火の玉はみるみる内に俺の右手に吸い込まれ跡形もなく消え去った。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く