話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

戦闘訓練は突然に④

無言の沈黙が流れる。

アリシアは俺の魔法を見てからずっとただ呆然としているし、俺はというと何か間違ってしまったのかと気不味い空気を感じている。

正直このままでは埒があかないと思い、意を決してアリシアに問いかける。

「あのー、どうだった?」

俺に話しかけられたことで何とか正気を取り戻し、先程の魔法について感想を述べてくれる。

「基本的には大丈夫なんですが、少し無視出来ない問題が発生しました。」

やはり何か間違っていたのか。
一応言われた通りにやったつもりだったんだが。

「問題って何処か間違ってた?」

不安げに聞いてくる俺を見てアリシアはクスッと笑いながら答えてくれる。

「ウフフ。大丈夫ですよ。間違いとかではありませんから。ただ少しばかり威力が大き過ぎて戸惑っていただけです。」

良かった。何か間違ってしまったのかとヒヤヒヤしてしまった。
別にアリシアに怒られる事は無いだろうが、こんな初歩的な所で躓いてしまったらアリシアに呆れられる可能性だってある。

「威力が大きい?みんなあんなもんじゃないの?」

「先程教えたのは第1位階魔法です。とても基礎的な魔法ですのであまり威力は無いはずなんです。精々木に焦げ目が付くくらいが普通かと。私の魔法ですら木を貫くのが精一杯でしたのに。」

確かに先程見たアリシアの魔法では木を貫いた程度だった。そらでも十分に凄いらしい。しかし俺の魔法は貫くどころか一瞬で炭に変えてしまう程の高火力を出してしまったのだ。

「恐らく魔力量の影響かと思います。イリス様はワタルさんの器になる身体をそれは丁寧に丹精込めて作ってらっしゃいましたから。
後は制御のコツですね。まぁそれは訓練して覚えていくとして、1度魔力量を測ってみましょうか。」

突然俺の魔力測定が実施される事になった。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く