話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

戦闘訓練は突然に①

「そしたら早速戦い方を学びたい。アリシア、戦い方を教えてくれるかい?」

なにわともあれ、この世界で生きていく為には強くならなければならない。
将来対峙するであろう、魔族の指導者とやらと戦う可能性もあらし、この世界には魔獣なんかもいるらしいので強くならないと命がいくつあっても足りないのだ。

「分かりました。ではまずこの世界の理から説明します。
この世界の強さは魔力を保有出来る量で決まります。勿論武器や体術などの能力も影響しますが、広域的に使用出来る魔法の前ではあまり意味を成さないのと、武器や体術も魔法によって強化が可能だからです。
魔力は魔法を使用すれば減っていきます。魔力の保有量は個人個人差がありますのでそれが多ければ多い程回数や威力の面で相手より優位になるという訳です。
ちなみに魔力は時間が経てば自然に回復しますが、その回復スピードも個人差があります。」

なるほど。剣技や格闘術を学ぶよりまずは魔法を会得した方が効率は良さそうだな。

「でもその理屈なら元々魔力量が秀でている魔族は他の種族よりも優位だったんじゃないのか?指導者が代わるまでどうして勢力を拡大しなかったんだ?」

「それは魔法の発動条件にあります。魔法を発動するには詠唱を唱える必要があります。高位の魔法になればなる程詠唱は長くなります。
元々魔族の知力はそれ程高くありません。ですので魔力量は多くても高位の魔法が発動出来なかったという訳です。」

宝の持ち腐れという感じなのだろう。
魔力量が多いから連発は出来ても威力が小さければ対処も出来るという訳か。

「じゃあ異世界から来た指導者はそこを改善した訳だな。」

「はい。どの様にそれを改善したかは不明ですが、急激に魔族の戦力が上がったのは事実です。その証拠にその指導者に代わって以降、魔族は他種族との戦争に負けていません。」

いくら戦力が整ってもその運用を間違えれば負ける可能性はいくらでもある。
魔族の指導者はおそらく相当優秀な戦略家なのだろう。
戦争に勝ち続ける為には自分達の戦力を把握し、相手の戦力を把握した上で最も効果の高い戦い方を選ばなければならない。そうしないと不意を突かれただけで部隊が崩壊することだってあるからだ。

「こりゃ相当厄介な相手っぽいな。」

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く