異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

異世界転生は突然に①

「初めまして、赤城渉さん。感傷に浸っている所申し訳ないんですが、話が前に進まないのでそろそろ起きて頂けませんか?」

目の前の女性は俺に起きろと言っている。
つい先程暴漢に斬りつけられもう間も無く死を迎えるこの俺に。
全く酷い言い草である。
死を迎える人間には普通もう少し優しくするものだろう。

そう思っていると女性から聞き捨てならない言葉が聞こえて来る。

「確かにあなたは死にましたけど、もう立派に生き返ってますよ。」

何を言っているんだ。
気休めにしてももう少し違う言い方があるだろう。

そもそも死んだ人間が生き返るなど小学生でも信じない。
そんな嘘をついてどういうつもりなのか。

「取り敢えず1回起きて貰えませんか?
事情を説明したいので。」

分かった。そこまで言うなら起きてやろう。
女性の説明とやらを聞くため俺は身体を起こし、女性に向かって腰掛ける。

そしてある事実に気付く。

俺の身体にあるはずの傷がないことに。
そして大量に出ているはずの血が一滴も出ていないことに。

「ようやく話を聞く気になって頂けましたね。そうです。今のあなたは生きています。」

確かに傷もないし血も出ていない。
痛みもないし寧ろ先程より元気なぐらいだ。
しかし確かに俺は殺された筈だ。
男の刃物が俺の身体を切り裂く瞬間まで鮮明に覚えている。
あれで傷一つ負わないなどある筈が無い。
自分が今置かれている現状を理解出来ないでいると痺れを切らしたかの様に目の前の女性が話し始めた。

「聞いてなかったんですか?〝今の〟と言ったでしょう。あなたは確かに死んだんです。そして生き返ったんですよ。ただ元いた世界とは違う別の世界にですけどね。」

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く