異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜

カズヤ

プロローグ②

駅の近くに到着した時、現場は阿鼻叫喚の坩堝と化していた。

泣きながら逃げ惑う人。

自分だけ助かろうと他の人を押し退けている人。

身体から大量の血を流しその場で動かなくなっている人。

そうした人々の中心にこの騒動の原因であろう男の姿があった。
目は血走り、髪は振り乱れている。
身体中に返り血を浴びて正に鬼の形相と化していた。
そして男の手には刃渡り20cm程の包丁が握られている。これで何人の通行人を斬りつけたのか、包丁は真っ赤に染まっていた。

「おい、あいつヤバいって!早く俺達も逃げよう!」

この場にいればいつか俺達も標的にされる。
そう感じた俺は横にいるだろう一也に向かってそう叫んだ。
しかし横を向いた俺はそこに一也の姿がない事に気付く。
横にいた筈の親友はいつの間にか俺の隣から男の正面へ移動していたのだ。

「おいっ!何やってんだ!こっちに戻って来い!」

一也が何をしているのか理解出来ない俺は兎に角必死に呼び戻そうとした。
しかしそんな俺の気持ちを他所に、俺の親友は男との距離を詰めて行く。

「あんた、自分が何やってんのか分かってんのか?取り敢えずその手に持ってる物こっちに寄越せ!」

そう言って男との間合いを徐々に詰めて行く。

「うるせぇ!もう俺は終わりなんだ!こうなったら皆殺して死んでやる!」

明らかに常軌を逸した男が包丁を振り回しながら一也を近づけまいと叫び散らす。

俺は何とか一也を引き戻そうと一也の所へ走り出す。

その時男が一也に向かって包丁を振り上げた。

「異世界生活は突然に〜いきなりチートになりました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く