忘れられた塔

夏椿

深い深い森の奥に古の塔がありました。


夜には蒼白い月が塔を照らし、何処からか歌が聞こえてくるのです。


歌は哀しい言葉で綴られ、儚く美しいものでした。


ある晩のこと。一人の旅人が森に迷い込み、いつの間にか古の塔の前に立っていました。


「忘れられた塔」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く