ギレイの旅

千夜ニイ

ランプの中の友達

「なんだ、お前……。」
儀礼たちの後方から現れた、黒髪黒瞳の少年に、酔っ払いの男たちは息を飲む。
すでに、獅子の気配に飲まれているようだった。


「この人たちが白に絡むから、兄として放っとけないだろ。」
「お前のどこが兄だ。白のがずっとしっかりしてる。」
「うう。……ひどいよ。じゃぁ、名付け親。」
目に涙を浮かべて、それでも気を取り直したように微笑んで儀礼は言う。
「お前は、勝手に何にでも名前をつけてるだけだろ!」


獅子が怒鳴れば、火の精霊も負けじと炎を強める。
すると、周囲のランプがさらに明るさを増した。
「そういや、儀礼。お前、昔、学校のランプにも名前付けて持ち歩いてたってな。」
その明るいランプを見て思い出したのか、歩いてきた拓がそう言った。
利香もいるので、どうやら、食べ終わったらしい。


「何で知ってるんだよ。」
ランプを持ち歩いていたのは、確か儀礼が5歳になる前のことだ。
槍峰やりみねの姉貴たちが言ってたな。ペットのようにランプを連れて歩いてたって。それも変な名前を付けて。」
にやにやと拓は笑う。
確かに、小さな時、儀礼はどこに行くにもランプを持って歩いた時期があった。
それはとても大切な思い出で、それを思い出した途端に、儀礼は拓に怒鳴り返していた。


「変じゃない! 火の王でヒオウだ!」
《ヒオウじゃねぇ! Fio、フィオだ!》
儀礼がヒオウと言った瞬間に周り中のランプの炎が燃え上がった。
驚いたように儀礼は目を見張った。


《お前は、昔っから発音おかしかったな。父親ゆずりか?》
腕を組み、胡坐をかき、考えるように首を傾げて、空中で小さな火の精霊フィオがつぶやく。
気の強そうな目元、自信溢れる口元、そして、透明な美しい精霊の羽。
火王ヒオウ……?」
燃え上がるランプに目を留めて、儀礼は呆然と呟く。
《フィオだ。》
儀礼の目の前に飛び上がり、フィオが言う。


「フィオだって、ギレイ君。12歳位の姿をした火の精霊だよ。」
その位置を指差し、白が言えば、儀礼は目を見開いたままボロボロと涙をこぼした。
「そうだ、フィオ……。どうして僕、忘れてたんだろう。母さんに聞いた、精霊の友達の名前。」
驚いたように呆然と儀礼は涙を流し続ける。
その精霊は見ることはできなかったが、幼い儀礼に、いつでもランプの中の炎を揺らして、確かにその存在を示してくれていた。


「えっと、昔、ギレイ君が誘拐されかけた時に、魔力を使い過ぎて、一度消滅しかかったんだって。だから、精霊としての存在が消えて、ギレイ君は忘れちゃったんだって言ってる。」
精霊の言う言葉を白は儀礼に伝える。
しかし、その言葉が本当ならば、消えかけるまでに弱った精霊のフィオはやはり、また新たに姿を保てるまでに脅威の回復をしたことになる。
儀礼の生きてきた、たった15年という時間の中で。


「誘拐されかけた時って? いつのこと? 4歳までは僕、火王フィオのこと覚えてたよね。」
涙を袖で拭きながら、儀礼は尋ねる。
《お前が剥製はくせいにされかけた時だよ。大丈夫だ。もう、あんなことにはさせない。絶対に俺が守るからな。》
まるで、保護者ででもあるかのように、フィオは優しく儀礼を見つめる。
ランプの炎が食堂中で明るく揺れた。


「ギレイ君が……はくせいにされかけた時だって……。」
はくせい、剥製? と、白は自分の言った言葉に青ざめる。


「5歳の時。あ、あの時、父さんや穴兎だけじゃなくて、フィオも助けてくれたんだ。消滅しかけて……?」
ぎりっと儀礼は奥歯を噛む。
「フィオ。助けてくれて、ありがとう!!」
そう言って、儀礼は食堂のランプに向かって微笑んだ。
残念ながら、フィオはそことは逆方向にいるのだが、強大な魔力が動いたのが、白には分かった。


 魔力は火の精霊フィオへと注がれる。
煌煌こうこうとフィオは強い光を放つ。
ほんの少しだけ成長したように見える。人間にして、1歳分。
精霊にすれば100年分の成長。
白の顔はさらに青ざめた。


《ばか。お前は、また配分も考えずに他人に魔力を与えちまって。また、魔力切れで倒れるぞ。ただでさえ無茶ばっかすんのに……。》
呆れたように、困ったように言った精霊の口元は優しく緩む。
《でもな、ありがとう。》
嬉しそうに精霊フィオは笑った。


「おい! いい加減にしろよ!」
突如、苛立った声が食堂内に響いた。
最初に白に絡んできた男の声だった。
仲間らしい5人の男たちも腕を鳴らして戦闘態勢になっている。
「俺達をここまで、こけにしてくれたのは、お前らが初めてだよ。」
別の男が怒りに顔を赤く染めて言った。


 儀礼たちの中では、すでにこの男達との話は終わっていたのだが、男たちの中ではまだ続いていたらしい。
拓と獅子が前へと進み出る。
しかし、泊まっている宿の食堂で、乱闘騒ぎは避けたいところだった。
追い出されることになるからだ。
儀礼は腕を広げて二人を止めた。


 そして、いたずらっぽく口元をにやりと上げる。
「この店のランプって、明るいよね。」
意味ありげに儀礼は呟く。
「何をどうでもいいことを、話を逸らす気か!」
怒りをあらわに、6人の男たちが儀礼たちへと殴りかかってくる。


「獅子、六ね。フィオ、お願い!」
にっこりと楽しげに儀礼は笑った。
次の瞬間。
儀礼たちと男達との間には、食堂のランプから燃え上がった炎で壁が出来上がっていた。
殴りかかっていた男たちの腕を、炎の壁が焼き付ける。


「うお~ぉ!」
その場に、男たちの呻き声が響き渡った。
炎の壁は一瞬でなくなり、その場に儀礼たちの姿は、なくなっていた。
儀礼が獅子に言った『六』とは六時の方向、後退を指す言葉だったのだ。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品